佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第1086球]

【しらかばS】陣営の強い意志

今月に入って函館で調整されていたディヴィーナが、木曜に札幌競馬場へ移動しました。函館で行われた最後の調教では、重賞勝ち馬のウェスタールンドと併せて先着と状態は良いようです。このまま予定通り、来週土曜の1500m戦でデビューします。兄ブラヴァスは3着、姉レヴィオーサは2着と初戦では勝ち切れなかっただけに、ディヴィーナには新馬勝ちを期待しています!

それでは、土曜は札幌のメイン【しらかばS】を検討します。先週の土曜終了時点でユウガに勝ち星で並ばれて火が付いたのか、日曜のルメールは3勝の固め勝ち。函館開催では思うように勝てなかっただけに、札幌に開催が替わって再び量産体制に入りたいところでしょう。

当然、全面的なバックアップが約束されている藤沢和厩舎のフォッサマグナは、彼自身も星計算している1頭のはずです。フォッサマグナに関しては、これまでの使われ方を見ても分かりますが、陣営としては『何とかマイルまではこなして欲しい』とローテーションを組んでいたんだと思います。それが、2走前からついにスプリント路線へ舵を切りました。

私の愛馬にもヴェルステルキングというバクシンオー産駒がいましたが、『一度、1200mに使うとその後の選択肢の幅が狭くなる』ということで1400m以上の距離を走らせていました。結局、一度も1200mで走ることなく故障してしまいましたが、スプリント戦への適性は間違いなくあったと思います。

フォッサマグナに関しても、早い段階から短距離適性があることは分かっていながら可能性を探っていたのでしょう。そして、2走前に下した決断には、『今後はスプリント戦線で活躍させる』という陣営の強い意志を感じます。スピードとパワーを兼ね備えたタイプで、洋芝の開幕週はこの馬にとって絶好の舞台。スプリント路線ならまだまだ上を目指せる馬だと思います。

馬券は④フォッサマグナからの馬連。⑩アンブロジオ②ルガールカルム⑪アスタールビー⑧ファイブフォース⑥スギノヴォルケーノ⑤アカネサス⑯タイセイソニックが相手候補です。

【参考買い目】
●馬連(7点)
[軸]4
[相手]10.2.11.8.6.5.16


JRA現役馬主でGⅠ5勝オーナー【佐々木主浩・大リーグボール22号】はレース当日10時頃公開!
次回の更新を楽しみにお待ちください!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧