田中充興の人気馬格付けチェック

5月5日(日) 東京11R

NHKマイルC(GⅠ) 芝1600m

次ナル穴馬をマークしろ!大人気企画『Raceレート』が帰ってきた!

●上位人気馬格付けチェック
馬番馬名 能力 上昇度 馬券妙味
ダノンチェイサーBBB
グルーヴィットBAA
グランアレグリアACC
アドマイヤマーズACC

※各付けチェックの表記について
上位人気馬を[絶対能力]-[上昇度]-[馬券妙味]の各項目についてABCの3段階で評価しています。

●田中充興の見解
今回圧倒的な人気に支持されているグランアレグリア、そして2番人気のアドマイヤマーズ。確かに能力だけならばこの2頭が強いし、指数も上位となる。しかしこの2頭の最大目標はあくまで前走の桜花賞、皐月賞だったはず。今回は前走比でパフォーマンスを落とす可能性が高い。競走馬は反動、疲労が残っている状況だと思わぬ大敗をすることも多々。今回の一戦においては2頭とも馬券圏外に消える可能性はかなりあると見る。

今回の本命にはグルーヴィットを指名する。この馬はダートでデビューし、続く500万下もダートで連勝した馬だ。そんなダートしか経験のない馬が前走のファルコンSではいきなり芝に対応し、2着入線した。競走馬は初めての舞台にいきなり対応することが難しい生き物で、初芝、初ダートの馬はどんなにそこまでの成績が素晴らしくても、惨敗してしまうことが多い。そんな不利な条件、初芝、初ダートの状況下ながら好走してしまうような馬はその後、その舞台でグングン伸びる馬が多い。かつてのエルコンドルパサーなども初芝ながらニュージーランドトロフィー4歳ステークスを勝利したところから芝路線に転向し、ジャパンカップを勝利し凱旋門賞で好走するまでに成長していった。今回のグルーヴィットはそのパターンに当てはまる。今年のファルコンSは例年以上にレベルの高い指数で決着した。実際、2強と比較しても指数面では大きな差がない。十分に逆転出来るはずだ。

●最終結論
グルーヴィット
ダノンチェイサー
ファンタジスト
ケイデンスコール
プールヴィル

●穴の馬連 卍固め
3 - 6(25%)
6 - 13(25%)
6 - 18(25%)
2 - 6(25%)

●3連単
[軸]6 [相手]2.3.13.18(◎1頭軸マルチ 36点)


リアルに馬券で喰う男から学び、稼ぎ、遊べ!
田中充興氏が無料ブログで『馬券の術』や『マル秘穴馬』をコソッと教えます。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
田中充興

1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。

芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。

現在は、馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧