田中充興の人気馬格付けチェック

5月31日(日) 東京11R

日本ダービー(GⅠ) 芝2400m

次ナル穴馬をマークしろ!大人気企画『Raceレート』が帰ってきた!

●上位人気馬格付けチェック
馬番馬名 能力 上昇度 馬券妙味
ワーケアBBB
コントレイルACB
サリオスACB
ウインカーネリアンBAA

※各付けチェックの表記について
上位人気馬を[絶対能力]-[上昇度]-[馬券妙味]の各項目についてABCの3段階で評価しています。

●田中充興の見解
ここまでの走りで能力を評価するならばコントレイルとサリオスの2頭が抜けているメンバー構成。不安点は一つ、今年の皐月賞は激戦で上位2頭は休養明けとしては走りすぎてしまったのではないかということ。競走馬は自分の能力を目いっぱいに発揮してしまうと、次走では思わぬ凡退をすることがしばしば、特に休養明け初戦で激走した場合はその次走で大きく反動が出ることが多い。昨年も無敗の4連勝中だったサートゥルナーリアが休養明けの皐月賞で走りすぎてしまった為にダービーでは4着に沈んだ。今年のコントレイルも同様、過大評価はしきれない状況なのだ。それはサリオスにも言えること、確かにコントレイルと比較すると前走はサリオスの方が叩き台に近いような状況だったと見る。しかし結果としてあれだけ走ってしまうと、疲れは出るものだ。今回のレースは2強の強さは認めても、それを盲信して良い状況ではないところがカギだ。

その激戦だった皐月賞をスキップしてここに向かって来たのがワーケア。激戦となった皐月賞を使わなかった分、他の馬よりも疲れていない。それが吉に出るかもしれぬ。ただマイナス点は少なくとも決定打が足りないようにも感じる。使いながらここに向けてピークの状態になっているのがヴェルトライゼンデ。かつてのダービー激走馬ボールドエンペラーと同様に前走の皐月賞で馬場の悪いところを通って能力を出し切れていないところが今回に向けての強調材料だ。今回求められるのはボールドエンペラー同様に勝ちにいかず直線勝負に徹すること。ただ今の東京は前が有利なだけにそこが微妙。

そこで今回の本命はウインカーネリアンにする。前走皐月賞4着はとても強い内容、皐月賞当日の馬場状態はかなり悪く、今年の皐月賞は実質かなりのオーバーペースで前に行く馬にはかなり厳しいペースだった。その流れを早めから勝ちに行く競馬、上位2頭に交わされても最後まで粘っていた走りは相当なスタミナを感じさせるものだった。実際今年の皐月賞で先行してバテたビターエンダー、ディープボンドは次走で巻き返しの好走を決めている。不安点は一つ、そんな異様なペースを粘るようでは疲れが残ってしまうのではないかということ。確かにウインカーネリアンの能力の天井が低いのならば、前走で厳しいペースを経験したことがプラスにならず、疲労残りで今回は大凡退してしまうだろう。ただこの馬がここに来て急成長しているのならば話は別、それを推測できるのが前々走の1勝クラスでの好指数圧勝劇、そこで負かしたサクラトゥジュールは先週の1勝クラスを好時計、好指数で圧勝しているように、前々走の走りは価値が高い。

ヴェルトライゼンデがかつてのボールドエンペラーに似て面白いと書いたが、そのダービーで3着だったダイワスペリアーは前々走500万下圧勝の勢いでプリンシパルS2着からダービーで3着と急上昇した。ウインカーネリアンにはダイワスペリアー型での激走を期待したくなる。あとは枠順、どう見ても大外枠は不利ではあるが、外枠の不利というのは惰性でレースを進めると、コーナーごとに外を回らせられて、距離ロスが大きくなるということ。しかしウインカーネリアンは逃げ、先行タイプ。今回のメンバーならばキッチリ出していけば最初のコーナーまでには内に入りこめる。ジョッキーがよほど変なことを考えなければ、距離ロス、外枠のロスはほぼないだろう。むしろ逃げ馬にとっての外枠はかつてのサニーブライアンのようにプラスになることも多い。

●最終結論
ウインカーネリアン
コントレイル
サリオス
ワーケア
ヴェルトライゼンデ

●穴の馬連 卍固め
5 - 18(40%)
12 - 18(30%)
3 - 18(20%)
6 - 18(10%)

●3連単
[軸]18 [相手]3.5.6.12(◎1頭軸マルチ 36点)


リアルに馬券で喰う男から学び、稼ぎ、遊べ!
田中充興氏が無料ブログで『馬券の術』や『マル秘穴馬』をコソッと教えます。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
田中充興

1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。

芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。

現在は、馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧