重賞攻略パック・馬券トピックス

【大阪杯】エフフォーリアで鉄板じゃない!? 狙うは連対率100%データから浮上する伏兵(PR)

今週、日曜は大阪杯(G1)が行われます。注目は何といっても、昨年の年度代表馬エフフォーリアでしょう!

有馬記念でも強さを見せつけ、現役最強との呼び声も高い馬。「エフフォーリアは鉄板だろう」と思っている方も多いはずです。

馬券を買っている皆さんは、もちろん『関東馬』と『関西馬』の違いを意識して予想していますよね?大阪杯でも衝撃的な結果が出ています。

赤字表記は関西馬

2021年
1着 レイパパレ(4人気)
2着 モズベッロ(6人気)
3着 コントレイル(1人気)
-----------------------------
4着 グランアレグリア(2人気)
5着 サリオス(3人気)

2020年
1着 ラッキーライラック(2人気)
2着 クロノジェネシス(4人気)
3着 ダノンキングリー(1人気)
-----------------------------
7着 ブラストワンピース(3人気)

2019年
1着 アルアイン(9人気)
2着 キセキ(2人気)
3着 ワグネリアン(4人気)
-----------------------------
6着 ブラストワンピース(1人気)

2018年
1着 スワーヴリチャード(1人気)
2着 ペルシアンナイト(6人気)
3着 アルアイン(2人気)

2017年
1着 キタサンブラック(1人気)
2着 ステファノス(7人気)
3着 ヤマカツエース(4人気)
-----------------------------
6着 サトノクラウン(3人気)

過去5年の関東馬・関西馬の成績
関東 [0-0-1-17]
勝率0.0% 連対率 0.0% 複勝率 5.6%

関西 [5-5-4-37]
勝率9.8% 連対率19.6% 複勝率27.5%

2017年以降、なんと5年連続で関西馬のワンツー。「関西馬を買っておけば簡単に当たった」という年ばかりなんです。

最も重要なポイントは「関東馬は人気より着順を落としている」ということ。昨年はグランアレグリアが2番人気で4着、サリオスが3番人気で5着に敗れました。

『1番人気だった関東馬』も結果を残せていません。2020年ダノンキングリーが3着、2019年ブラストワンピースが6着に終わっています。

なぜ、こんなに大きな差が生まれるのでしょうか?

競走馬は長距離輸送によって体調が悪化したり、レースで本来の実力を出しきれない可能性があるからです。

今年1番人気が濃厚なエフフォーリアは『関東馬』。しかも関西圏への長距離輸送はデビュー以来初めてという、大きな不安材料を抱えているんです。

関東馬が不振ということは、人気薄で馬券に絡むのは『関西馬』ばかり。過去5年で、1~5番人気以外で馬券に絡んだ4頭は関西馬でした。

競馬界では数十年にわたって揺るがない「関西馬が圧倒的に強くて馬券に絡む」という普遍の事実が存在します。大阪杯でも「どの関西馬を買えばいいのか」を知ることが、好配当ゲットへの近道です!
アノ有力馬よりも勝負度合いは上!?
PR提供チェックメイト
大阪杯を的中させるなら、どの関西馬が勝負をかけて来るかを知るに尽きます。

勝負の関西馬を導き出すには…
おさえるのは騎手厩舎です。この2つを紐解けば、必然的に買うべき関西馬が浮かび上がってきます。

大阪杯は関東馬が勝てない!?
過去5年で関東馬は、勝利どころか連対すらゼロ。今年は、ド本命エフフォーリアの参戦で話題だが…。

騎手・厩舎の動向を分析すると、今年の本命馬が見えた!

エフフォーリアよりも、ここに勝負をかけてきた関西馬がいる。

勝負の関西馬から狙う3連単勝負買い目を無料公開!

勝負買い目を見る

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧