佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第430球]

【ユニコーンS】絶好の狙い目

土曜のヴァレンティーアは直線で十分な進路を取れず、力を出し切ることができませんでした。今後はダート路線へ戻し再出発を図ります。

そして、いよいよ期待のヴォルシェーブがターフへ戻ってきました。一時は、ラジオNIKKEI賞での復帰プランもありましたが、ウチパクから「東京で走らせたい」との進言があり、ダービーと同じ舞台である東京芝2400mを選択。古馬との初対戦、休み明け緒戦と条件的には厳しいですが、後の青葉賞の勝ち馬を封じたセントポーリア賞だけ走ればここでも力は通用すると信じています。私も競馬場で応援しますので、メルマガ読者の皆様も応援よろしくお願い致します!


それでは、日曜は【ユニコーンS】から検討していきます。

1人気が強いことで知られるレースですが、もうひとつ注目しておきたいのが、端午Sを勝った馬の成績。過去10年、このレースに駒を進めてきた7頭全てが連対と驚異的な成績を挙げています。今年、これに該当するのがメイショウパワーズです。しかも、その端午Sの勝ちタイムは、同日に行われた古馬準OPよりコンマ8秒も速い好時計。アジアエクスプレスに人気が被る今年は、メイショウパワーズが絶好の狙い目と見ました。

相手には、まずはGI馬に敬意を表してアジアエクスプレス。前走が好内容のレッドアルヴィスに、ダートでは底を見せていないコーリンベリールミニズム。以下、バンズーム、ワイルドダラー、最後に穴でアンズチャンまでを押さえるつもりです。


続きは会員登録のあと!!

会員限定コンテンツとなります。 ※アカウント登録がお済みの方はログインしてご覧ください。

①メールアドレスを入力して、アカウントを作るボタンをクリック
②うまスクエアから確認のメールが届きます。
確認メールの内容に従って、アカウント登録を進めてください

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧