採れたて!トレセン情報

第932回

採れたて!トレセン情報

関西事情通のちょっとイイ?話
今年も将来のGI馬を輩出するか!

早くも次週にはフェブラリーSが控え、今年もGIが開幕する。と同時に、3歳クラシック路線の重要なレースが毎週行われる様になってきた。

先週はきさらぎ賞と牝馬限定のエルフィンS、そして今週は日曜東京で共同通信杯、そして土曜東京では、牝馬限定のクイーンCが行われる。

その土曜クイーンC、昨年の勝ち馬クロノジェネシスは、3歳牝馬3冠で常に主役級の存在であり、実際に秋華賞を制した。過去にもメジャーエンブレムやヴィルシーナ、ホエールキャプチャ、2着馬からもアエロリットやミッキークイーンなど、後のGI馬を数多く輩出しているだけに注目の一戦。

今年も将来のGI馬を輩出するだろうか…

1番人気は恐らくホウオウピースフル。ブラストワンピースの半妹で2戦2勝、しかも前走は牡馬相手の東京芝2000mでの勝利なだけに内容は濃い。

この馬も将来のGI馬になり得る存在だろう。

ただこのコーナーで取り上げたいのは、そのホウオウピースフルに新馬戦で敗れているミヤマザクラの方だ。

その新馬戦で4着に敗れてしまったものの、1番人気に推されていたのはミヤマザクラの方で、それだけ前評判が高かったことは確か。レースでは4コーナーで少し詰まり気味になり、そこで離された分負けたようなもので、陣営として力負けしたレースとは全く思っていない。

2戦目ですんなり勝ち上がると秋まで待機、前走の京都2歳Sは牡馬相手の重賞、しかも勝ち馬は日曜の共同通信杯で圧倒的1番人気に推されるであろう、牡馬クラシックで勝ち負けを期待されているマイラプソディ。そのマイラプソディを相手に正攻法の競馬で勝負を挑んでの2着なだけに価値は高い。

今回はマイル戦になるが、東京のマイル戦はスピードだけでは押し切れる舞台では無く、むしろ中距離を使って来ていることはアドバンテージになると言ってもいい。

近年の桜花賞は、2歳重賞が増えたこともあり現状の収得賞金1000万円では出走確実とは言えず、陣営としてもここはキッチリ結果を出したいところ。

人気はホウオウピースフルに譲ると思うが、より注目したいのはこのミヤマザクラの方だ。みなさんも是非、ご注目頂きたい。

美浦『聞き屋』の囁き
新パートナー募集中

今週の東京は土日でクラシックに直結する重賞が組まれている。

土曜日はクイーンカップ、日曜日が共同通信杯。

共同通信杯はマイラプソディが圧倒的支持を集める状況なので、クイーンカップを取り上げたい。

注目はブラストワンピースの妹になるホウオウピースフルだろう。

1800m→2000mを使って今回が初の1600m。

この使い方には意味があって、2000mでオークスの試走、今回の1600mで桜花賞の試走をイメージしてのものというのだ。つまり、次走は桜花賞という青写真で、2勝だけでは桜花賞の賞金ボーダーラインをクリアするのは難しいので、ここは悪くても2着以内、もしくは負けるとは思っていないのかもしれない。

阪神JFをパスして桜花賞路線に切り替えたマジックキャッスルは戸崎騎手が負傷のためフォーリー騎手へ乗り替わり。2戦連続で2着ではあるが、勝った相手が阪神JFでの1着2着馬だったことを考えれば上々の競馬と言えるだろう。

どちらの馬も桜花賞では鞍上が決まっていない状況。

というのも、田辺騎手は阪神JF2着のマルターズディオサがチューリップ賞から桜花賞、フォーリー騎手は短期免許期間外で戸崎騎手の復帰もまだ未定のまま。

新しい鞍上を迎えるにあたって高いパフォーマンスで結果を出すことができれば、よりよいパートナーが見つかることは間違いないはず。

競馬場から見た推奨馬券
東京コースの方が間違いなく良い!

土曜の東京はお天気の心配はなさそうだが、金曜の夕方あたりは幾らか降る予報。
芝のコンディションは相変わらず良いので、芝コースは極端な影響なさそう。
ダートはそれなりに脚抜きが良くなり、先行有利となりそう。


先行有利なダートで狙いたいのが、東京8Rの3番グレイスアン
メンバーを見渡したところ、明らかに先行というのはフィリーズランくらい。他では地方からの転入馬が数頭いるが、スピード的にどうか。
それならば、初ダートの前々走で果敢に先行して粘ったグレイアンが、展開的に有利と見る。他の有力どころのアンジェリーブルやホウオウモントレーが追い込み一辺倒だけに、馬場状態を考慮すればだいぶ有利に思える。
その好走した前々走が2ヶ月半ぶり。新馬戦も勝っており、使い込むよりフレッシュな状態の方が走るタイプと見れる。
今回も放牧明け。初ダートで好走した東京ダート1400m。脚抜きの良い馬場と条件が揃った印象。
混戦の組み合わせだが、この馬から入りたい。

単勝 3
馬連 3-11 3-13 3-16 3-4
3連複 3の1頭軸 相手4.11.13.16

自信度 C


もう一鞍も、やはりダートの東京12R
ここは追い込み一手だが、14番ミスパイロの決め手に賭けたい。
注目したのは昨年の梅雨時だが、同じ東京ダート1400mの小金井特別。馬場も重馬場。2番手の馬が勝ち、3番手の馬が3着と前残りの決着だったが、4コーナー後方3番手から、ぶっちぎりの最速の上がりでハナ差の2着に。しかも進路を探しながらで、決してスムーズではなく、脚を余した印象が強かった。
脚質的に後一歩届かないシーンも多いが、このクラスで決め手上位は明らか。
その決め手を活かすには、東京コースの方が間違いなく良いはず。
中間の調教で着け始めた耳覆いのメンコが、思ったより効果があるという情報もあり、その一押しにも期待したい。
脚質的に頭勝負は厳しく、3連複が中心。

3連複 14の1頭軸 相手1.6.9.11
馬連 1-14 11-14 9-14

自信度 B

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧