採れたて!トレセン情報

第940回

採れたて!トレセン情報

美浦『聞き屋』の囁き
長身のイケメンが過酷な減量に挑むワケとは!?

50キロから56キロまで。

その差6キロとなった中山牝馬Sでのハンデ差。

ここから阪神牝馬S、福島牝馬Sを経てヴィクトリアマイルへと続く牝馬路線。

注目したいのは53キロ、フィリアプーラヒューイットソン騎手

来日週で3勝を挙げた南アフリカのトップジョッキーに依頼が殺到。

53キロはリミットとなる斤量のようだが、つらい減量をして53キロに挑むとのこと。

あまり知られていないかもしれないが、53キロは勝負服や鞍などの装備約1キロ、すべてを足したもの。

つまり、53キロで競馬に乗るためには、騎手は裸での体重が52キロほど。

長身のヒューイットソン騎手には厳しい減量になるが、それでも乗れるようにきっちりと体を作るのがプロ。

ノーザンファームからの強力なバックアップを受けており、重賞制覇となればより騎乗馬の質が上がるはずで、そうなれば勝ち星も伸びるはず。

飛躍の53キロとなるかどうか。

関西事情通のちょっとイイ?話
シビれる選択の上で選んだ勝負の遠征!

残念ながら無観客競馬となってはしまったものの、今週も春のハイシーズンへ向けて注目レースが目白押し、日曜日にはサートゥルナーリアが復帰する金鯱賞、さらに東西で桜花賞トライアル、そして土曜日にも中京ではNHKマイルCの前哨戦でもあるファルコンS、中山ではヴィクトリアマイルへのステップレースである中山牝馬Sが行われる。

これだけ有力レースが多いと、ジョッキーが行動を決めるのも難儀になってくる。

それぞれに条件が違うため、お手馬が重なる事もあり、どちらに乗るか決めかねるところ。

ただそれでも、体はひとつしかなく、最終的にはどちらかに決めなければならない。非常に難儀だ。

土曜日中山牝馬Sに参戦する和田騎手もそんなジョッキーの一人。

ファルコンSには新馬戦で手綱を取って勝利を挙げ、2戦目の小倉2歳Sでも2着としたトリプルエースの存在があり、中京か中山か…難儀な選択を強いられていた。

最終的には中山牝馬Sのフェアリーポルカを選んだ。というのは、まず前走の愛知杯でも、この馬のために小倉まで遠征していたこともある。

そしてその愛知杯、結果は伸び負けして4着に敗れはしたものの、フェアリーポルカは枠順が7枠14番という外目の枠だったこともあり、なかなか内に入れることができず脚が溜まり難かった。上位3頭は黒帽と赤帽の2枠と3枠、その差はあったようだ。

5着には4馬身の差を付けており、和田騎手もここでかなりの感触を掴み、それが決め手になったのだろう。

前走の勝ち馬デンコウアンジュが出走してきているが、今回はフェアリーポルカの方が内枠、さらに斤量が、相手は据え置きの56キロに対して、こちらは1キロ減の52キロ、また中山コースも紫苑Sで経験済みの実績ある得意コース、逆転できる材料は十分にある。

この和田騎手が手綱を取るフェアリーポルカ、是非注目してみたい。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧