境和樹の穴馬券ネオメソッド

【穴馬券ネオメソッド】


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


京都11R マイルCS(GⅠ)(芝1600m)

sakai

1Fズレた重賞実績馬。これがマイルCSの穴馬パターン。

sakai


昨年の勝ち馬ステルヴィオを筆頭に、マイル重賞実績がなく、逆に1400、1800といった1Fズレた距離の重賞実績を持つ馬が頻繁に好走するのが、マイルCSというレースの特徴。

京都外回りのマイル戦という、一見すると純粋なマイル適性が問われそうな条件でありながら、その本質は非・マイラー向きのレース。持続力比べになることが多いレースであるため、マイラーらしい瞬発力が殺されることが多く、逆に非根幹距離特有のダラダラ脚を使う特性が活きるという構図。

今年も、マイル重賞勝ち鞍がなく、1Fズレた距離の重賞勝ちがある馬を狙います。

候補馬は以下の通り。

①ダノンキングリー
(毎日王冠勝ち)

⑩アルアイン
(毎日杯勝ち)

⑮ダイアトニック
(スワンS勝ち)

⑯エメラルファイト
(スプリングC勝ち)

⑰レイエンダ
(エプソムC勝ち)

⑰レイエンダは、1800のエプソムC勝ち馬で、マイル重賞はこれまで2度出走して8、2着と未勝利。マイルCSの穴馬パターンを満たす存在です。今回が初ブリンカーだということを考えれば、外枠引きはむしろ好都合とも考えられます。手頃な人気で買える今回が狙い目でしょう。



動画で解説 ~マイルCS(GⅠ)~



sakai

京都8R
3歳上2勝クラス(ダ1200m)
③ロードラズライト

母レディルージュは、ダートの新馬戦を楽勝後、芝に転戦し京阪杯2着など善戦を繰り返した結果、5歳冬に再びダートに戻り準OPを制覇。その後もOP室町Sを制するなど、ダート寄りの兼用馬として活躍した馬でした。

その仔である③ロードラズライトが、今回、初めてダートに矛先を転じてきました。

近4走が全て二桁着順では、遅きに逸したダート替わりとも思えますが、ポイントは前走で久々に番手からの競馬を試みているということ。久しぶりに先行する競馬ができた直後のダート替わりはいかにもプラスに働きそう。

父ロードカナロアと京都ダ1200は、17年以降、【4-6-3-23/36】勝率11.1%、連対率27.8%、複勝率36.1%とアベレージは上々。一変があるなら今回と見て一票投じておきたいと思います。

Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧