佐々木主浩の大リーグボール22号

第169球 [2012年1月14日]

【ニューイヤーS】勝つしかない!

G3とはいえ、強力メンバーが揃った鳴尾記念でコンマ3秒差。ここに来て着実に力をつけてきたヒットジャポットがここは中心です。中山のマイル戦だけにあまり外の枠は引きたくありませんでしたが、6枠11番なら何とかなるでしょう。当然、今後のローテーションを楽にする為には、ここで勝って賞金を加算させるしかありません。厩舎の仕上げにも抜かりはないはずです。

相手には、絶好枠を引き、好調の蛯名騎手が手綱をとるコスモセンサー、大外枠はマイナスも冬場に好走実績が集中するガルボ。叩き2戦目での前進が見込めるホッカイカンティに、前が早くなれば台頭がありそうなスマートステージ。以下、フライングアップルコロンバスサークルトゥニーポートまで押さえようと思っています。

ヴィルシーナマジンプロスパーはともに放牧先から帰厩し、復帰戦に向けて順調に調整が進められています。まずはプロスパーが1/29のシルクロードSに出走し、ヴィルシーナが2/11のクイーンCでターフに帰ってきます。どちらのレースも現地に足を運ぶ予定ですので今から競馬場で会えるのを非常に楽しみにしています。

【by佐々木主浩】
大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧