佐々木主浩の大リーグボール22号

第224球 [2012年7月29日]

【クイーンS】小回りの千八がベスト

使い詰めで来ていた疲れもあったのでしょう。また、マイルの距離は短かったのかもしれません。ヴィクトリアマイルでの16着がこの馬本来の力ではないオールザットジャズからここは入ってみたいと思います。

福島牝馬Sで狙った時は本当に強い勝ち方をしてくれたように、この馬は小回りの千八がベスト条件です。休み明けの分、完調とまではいかないかもしれませんが、枠もいいところを引いていますし、2走前のように好位から抜け出しを図る競馬をしてくれれば勝ち負けに持ち込めると踏んでいます。

相手には、距離の壁があると見られていたオークスでも4着に善戦したアイムユアーズ、57キロでもこのメンバーであれば上位争いに顔を出してきそうなフミノイマージン。脚元さえまともなら素質はヒケを取らないミッドサマーフェアに、前走後はここを目標にジックリと調整されたコスモネモシン。以下、シースナイプレインボーダリアまでを押さえようと思っています。


大魔神の『WIN5の注目馬』はメルマガ「大リーグボール22号」でチェック!

【by佐々木主浩】
大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧