佐々木主浩の大リーグボール22号

第265球 [2012年12月15日]

【愛知杯】春からずっと追いかけている馬

まずは、中京3Rに出走する愛馬スペルヴィアについて。

前走は内で詰まってしまったことも影響し、勝ち負けに加わる事はできませんでしたが、スタートから行き脚もついていましたし、少しずつレースに対して気持ちが前向きになっているのを感じました。今回はデビュー勝ちしたダートに戻ります。早く2勝目を上げさせて、今後は再び芝の長距離戦での走りを見たいと思っていますので、久し振りのダートに戸惑う事なく、いい走りを期待しています。


それでは、土曜は【愛知杯】を検討していきます。

このレースは今年の春からずっと追いかけているオールザットジャズから入りたいと思います。ヴィルシーナと一緒に走った前走は、5着とはいえ、直線で一旦は先頭に立つ見せ場十分の好内容。中間も休み明けの中では一番と言える動きを見せていますので、今回のメンバーであれば勝ち負けに持ち込めるでしょう。

相手には、女王杯ではヴィルシーナとアタマ差だったピクシープリンセス、左回り巧者のマイネオーチャード。条件的にはピッタリのアカンサスに、この斤量なら面白いダイワズーム。以下、ミッドサマーフェアギンザボナンザサンシャインまでを押さえたいと思っています。


【by佐々木主浩】
大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧