佐々木主浩の大リーグボール22号

第276球 [2013年1月20日]

【AJCC】屋台骨を支える立場

横山典騎手マクドノー騎手への乗り替わりの舞台裏については詳しく分かりませんが、このメンバーならルルーシュの力が一枚上でしょう。重馬場での実績もあり、今の中山の湿った馬場も問題はないはずです。元々、馬の状態を重視して出走予定を組む厩舎ですから、ここに使ってくる以上は体調面での不安はないと判断します。コディーノレッドレイヴンといった3歳世代と共に、今年はこのルルーシュが名門厩舎の屋台骨を支える立場です。GIを意識させてくれるような勝ち方に期待します。

相手には、右回りに良績が集中するダノンバラード、マークしなければいけないコンビ(蛯名騎手国枝厩舎)であるサトノアポロ。近走での地力強化が著しいアドマイヤラクティに、中山でも良く走るトランスワープ。加えてゲシュタルトマルカボルトまでを押さえたいと思います。

東海S】は、6歳とはいえ未だキャリア10戦。ダートではまだまだ底を見せていないハートビートソングから。ホッコータルマエグランドシチーグレープブランデーを本線にソリタリーキングミラクルレジェンドサイレントメロディオースミイチバンを相手として考えています。


大魔神の『WIN5の注目馬』はメルマガ「大リーグボール22号」でチェック!

【by佐々木主浩】
大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧