佐々木主浩の大リーグボール22号

第336球 [2013年8月17日]

【ポプラS】一発あると思っています!

一部のスポーツ紙でも掲載されていたようですが、ヴィルシーナの秋緒戦は京都大賞典です。内田騎手が同じレースでゴールドシップに騎乗する為、久し振りに岩田騎手に手綱をとってもらいます。

マイル戦が続いていましたし、エリザベス女王杯の前哨戦では長めの距離を使いたいという意向で、2400mの京都大賞典を使います。紙面ではエリザベス女王杯の鞍上は未定となっていましたが、友道先生は、前哨戦だけ乗せるというような依頼はせず、余程の事がない限り、本番とセットで頼む人なので、エリザベス岩田騎手となるのではないでしょうか。

一段とボリュームアップし、これから競走馬としての完成形を迎えようとしている彼女の走りを楽しみにしていて下さい!


それでは、土曜は函館のメイン【ポプラS】を検討します。

このメンバーであれば、馬券的にはどこから入っても面白そうですが、ここは、今回、斤量が1キロ減りながら前走の敗戦で必要以上に人気が落ちそうなゼロスに注目しています。相性の良い丸山騎手に戻るのもプラスですし、この枠でもある程度の位置取りで競馬ができれば、上位人気の馬たちと能力的には遜色ないはず。函館の2000mは、キングカメハメ産駒の庭みたいなものですし、一発あると思っています。

相手には、重賞実績もあり、昇級は形だけのアーデント、前走で洋芝、小回りへの適性を見せたスーパームーン。コース巧者のヤマニンリップルに、仮柵の移動で逃げ残りを狙うオマワリサン。以下、ミカエルビスティードリームヒーローテーオーケンジャあたりを押さえようかと考えています。


【by佐々木主浩】
大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧