佐々木主浩の大リーグボール22号

第367球 [2013年11月24日]

【ジャパンC】一発狙っています!

昨日のメルマガでは、中1週でも攻めを強化した事に触れましたが、金曜にも坂路に入れ、今年最後のレースに悔いの残らない仕上げで挑めそうです。

そして、最内枠を引いたことで自然と前目のポジションを取ることになりそうですが、逃げさせるつもりはありません。ただ、あまり後ろ過ぎると最後の直線で勝負に参加できない可能性がありますので、道中は5番手以内、しかも包まれない位置取りが理想です。

3頭いる外国馬の中でいずかが逃げるという噂も聞きましたが、確固たる逃げ馬が不在という事でペース的にはスローでしょう。そして、あまりにもスロー過ぎると、今のジェンティルは掛かるかもしれません。場合によっては、ジェンティルの後ろにヴィルシーナが控えるというケースがあるかもしれませんね。

Cコースに替わって内が有利なのは土曜の競馬を見ても分かっていますので、枠順、展開、位置取りなど全てが上手くいけば大きな見せ場は作れると思っています。状態面に関しては前走以上ですし、何より1年1ヶ月ぶりの宿敵ジェンティルドンナとの対戦が非常に楽しみです。ここ数戦の敗戦で人気は全くありませんが、一発狙っていますので応援宜しくお願い致します!

続きは会員登録のあと!!

会員限定コンテンツとなります。 ※アカウント登録がお済みの方はログインしてご覧ください。

①メールアドレスを入力して、アカウントを作るボタンをクリック
②うまスクエアから確認のメールが届きます。
確認メールの内容に従って、アカウント登録を進めてください

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧