佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第403球]

【ファルコンS】アピールしてもらいたい

昨日はまたしてもWIN5がキャリーオーバー。普段は1週間後だとキャリーオーバーしている事を忘れてしまう人もいるかと思いますが、さすがに明日までは覚えているでしょう(笑)今日は明日のWIN5の資金を作るためにも【ファルコンS】を頑張って検討していきます!


変則の3日間開催という事で、中山でのレースがない為、多くの関東のトップジョッキーが中京に遠征に来ています。そのあたりが、微妙にオッズが割れている理由のひとつになっているのでしょうが、私は騎乗停止明けのユウイチが騎乗するタガノグランパから入ろうと思います。

重賞勝ちこそありませんが、デビュー2戦目でいきなりGⅢでコンマ3秒差。前走もミッキーアイルの2着ですし、マイル以下のカテゴリーなら世代上位の力の持ち主であることは言うまでもありません。追い切りの動きも抜群で、前走からの上積みも見込めます。何より、しばらく休んでいたユウイチにここを勝って存在をアピールしてもらいたいし、責任感の強い男ですから本人も相当ヤル気になっているはずです。

相手には、左回り、距離短縮はどちらもプラスに見える

続きは会員登録のあと!!

会員限定コンテンツとなります。 ※アカウント登録がお済みの方はログインしてご覧ください。

①メールアドレスを入力して、アカウントを作るボタンをクリック
②うまスクエアから確認のメールが届きます。
確認メールの内容に従って、アカウント登録を進めてください

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧