佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第534球]

【鳴尾記念】適条件に戻りさえすれば

先週のダービーは、オークスに続き、ノーザンファーム生産馬が1~4着を独占。

思えば、今年最初のGIを制したのは、ヤナガワ牧場生産のコパノリチャードで、続く高松宮記念が香港馬、そして、桜花賞が清水牧場のレッツゴードンキ、天皇賞(春)が出口牧場のゴールドシップ、NHKマイルCがパカパカファームのクラリティスカイ、ヴィクトリアMが岡本牧場のストレイトガールと、なかなか“ノーザンファーム”生産馬の中から勝ち馬が出てきませんでしたが、キッチリとオークス、ダービーという1番美味しいところを根こそぎ持っていきました。

という訳で本日の【鳴尾記念】も、ロジユニヴァース以来、6年振りのダービー制覇の勢いに乗って、

続きは会員登録のあと!!

会員限定コンテンツとなります。 ※アカウント登録がお済みの方はログインしてご覧ください。

①メールアドレスを入力して、アカウントを作るボタンをクリック
②うまスクエアから確認のメールが届きます。
確認メールの内容に従って、アカウント登録を進めてください

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧