佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第540球]

【夏至S】気持ちは分かります。

OPから降級してくるのがアンズチャンだけという事もあり、【夏至S】はこの馬に人気が集中しそうです。更に、ファンの脳裏には、先週のノンコノユメの後方一気の末脚が焼き付いています。

『ノンコの次はアンズチャン♪』

そう思って、同じような脚質のアンズチャンに今週も託したくなる気持ちは分かります。

ただ、強烈な末脚を繰り出すには、ある程度は前に引っ張ってもらわなければなりません。確固たる逃げ馬が不在で、しかも有力馬はほぼ差し馬という今回は、互いに牽制しあって末脚不発のケースは十分考えられます。

そこで私の狙いは、中団から前も後ろも気にしながら競馬ができる

続きは会員登録のあと!!

会員限定コンテンツとなります。 ※アカウント登録がお済みの方はログインしてご覧ください。

①メールアドレスを入力して、アカウントを作るボタンをクリック
②うまスクエアから確認のメールが届きます。
確認メールの内容に従って、アカウント登録を進めてください

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧