佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第594球]

【朝日杯FS】現時点での完成度No.1


毎年、この時期の楽しみのひとつと言えば、現役時代から所有し、今は繁殖に上がったグレイスファミリーに「どの種馬をつけるか」を考える事なのですが、今年は、フェノーメノをつけようかと思っています。

ステイゴールド産駒の種牡馬の中では安価ですし、水上さんにも聞いてみましたが、「ノーザンテーストのクロスとヘイルトゥリーズンのクロスを合わせ持った瞬発力配合でオススメです」との意見を頂きました。どちらかと言うと、ダートに適性がある仔がこれまでは多かったので、そろそろ芝が得意な馬に出てきて欲しいですね。


それでは、日曜は【朝日杯FS】を検討していきます。

来年のクラシックを賑わせる馬達は、どちらかと言えば、朝日杯よりも来週のホープフルSの方に多く出てきそうなので、このレースは、現時点での完成度という観点で

続きは会員登録のあと!!

会員限定コンテンツとなります。 ※アカウント登録がお済みの方はログインしてご覧ください。

①メールアドレスを入力して、アカウントを作るボタンをクリック
②うまスクエアから確認のメールが届きます。
確認メールの内容に従って、アカウント登録を進めてください

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧