重賞攻略パック・馬券トピックス

【七夕賞】現在3連覇中の『激走パターン』を発見!今年買うべき穴馬は!?(PR)

七夕賞(G3、福島芝2000m)は、4年連続で1番人気が馬券圏外に敗れている波乱含みのハンデ重賞です。

ハンデ戦といえば先週のラジオNIKKEI賞でも1番人気が凡走。「やっぱり夏競馬は荒れるから、馬券を買うのやめようかな……」と諦めかけていませんか?

ここにたどり着いた方は、もう大丈夫です!

ラジオNIKKEI賞は当コーナーで「狙いはハンデ53~54キロ」と紹介したとおり、ハンデ53キロのショウナンマグマ(8人気)が2着に激走しました。

七夕賞にも、意外と知られていない『激走パターン』が存在します

まずは過去3年の結果をご覧ください。

過去3年の成績
▼2021年
1着トーラスジェミニ(4人気 57キロ)
2着ロザムール(11人気 53キロ)
3着ショウナンバルディ(7人気 55キロ)

▼2020年
1着クレッシェンドラヴ(8人気 57キロ)
2着ブラヴァス(7人気 55キロ)
3着ヴァンケドミンゴ(5人気 54キロ)

▼2019年
1着ミッキースワロー(3人気 57.5キロ)
2着クレッシェンドラヴ(9人気 55キロ)
3着ロードヴァンドール(6人気 55キロ)

ハンデ別成績
~54キロ [0-1-1-15]
55~56.5 [0-2-2-18]
57キロ~ [3-0-0- 6]

なんと『ハンデ57キロ超』の馬が3年連続で勝利!ハンデの重い馬ほど成績が悪かったラジオNIKKEI賞とは違う傾向が出ています。

なぜこのような逆転現象が起こるのか?簡単に言えば、

・ラジオNIKKEI賞・・3歳限定戦なのでハンデ差ほど実力差がない

・七夕賞・・・・・・ハンデ差以上に実力差がある

ということです。

少し考えてみてください。すでに重賞での好走実績がある馬が、なぜ夏のローカル重賞に出走してくるのか?

答えはカンタン!「相手関係」と「コース適性」です。

まず「相手関係」から説明しましょう。七夕賞の出走メンバーは、春のG1やG2と比較しても明らかにレベルが違います。

七夕賞に軽ハンデで出走できるような馬が、春のG1やG2に出てきても通用しないでしょう。むしろ、出走すらかなわないかもしれません。

春のG1やG2に出ていた馬との大きな実力差は、数キロのハンデでは埋まらないのです。

さらに差を広げるのが「コース適性」です。春の中距離重賞はほとんどが東京や中京、新潟といった直線の長い左回りコースで行われます。

七夕賞が行われる福島芝2000mは、直線が短い右回りコース。東京や中京や新潟では勝てないけど、小回りやローカル競馬場が得意なタイプがここを狙って出てくるわけです。

実際に近3年の勝ち馬はすべて、東京コースでは重賞を勝ったことがありませんでした。

この『激走パターン』に気づいていれば、あっという間に穴馬候補を絞り込むことができるんです!

さらに、各馬の状態や陣営の勝負気配を見抜いて、レース直前に推奨馬を教えてくれるのが【 隠れ穴馬 】です。

公開された隠れ穴馬
宝塚記念
ヒシイグアス(5人気2着)

ユニコーンS
ペイシャエス(7人気1着)

安田記念
サリオス(8人気3着)

皆さんは「レースに出走させる側の立場」になって競馬予想をしたことがありますか?特に夏場の重賞はモチベーションの違いが顕著。

「秋も重賞を走らせたいから、ここで絶対に賞金を加算したい」という馬もいれば、「3歳限定戦だし、相手も弱そうだから出走しておくか」という馬もいるでしょう。

このように陣営のモチベーションに差があれば、馬の仕上げ方や状態が変わってきます。

隠れ穴馬 】の得意分野はここ!正確に各馬の状態や陣営の勝負気配を見極め、結果を出し続けてきました。

今年の上半期は、平地G1で1番人気が12戦全敗という前代未聞の事態が発生。「みんなが言ってる強調材料や不安材料は本当に信じられるの?」と疑問に思っている方は、【 隠れ穴馬 】を活用して好配当ゲットを狙ってみてください!
記事・PR提供 競馬セブン

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧