境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

引き続き母系米国ダート血統

AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


【日曜】阪神11R マーメイドS(GⅢ)(芝2000m)

sakai

先週の鳴尾記念と同じ阪神芝2000で行われるこのレース。やはり、血統的にも同じく「母系米国血統」に注目。

sakai


先週行われた鳴尾記念。惜しくも該当馬が馬券になりませんでしたが、痛恨の出遅れがありながら小差4着まで迫ったギベオンが母父ゴーストザッパーでした。

sakai


先週も指摘したとおり、同じ阪神芝2000で行われる大阪杯も、やはり母系米国血統の重要性が高いレース。今年もボールドルーラー系を母父に持ったアルアインが人気薄で制しています。

sakai


そして、マーメイドS。かつては長距離向きのスタミナ血統が幅を利かせていたレースですが、最近は他の同舞台のレースと同じく、母系米国血統の支配力が高まっています。
それを如実に表したのが昨年の結果。ヴァイスリージェント系(非・フレンチデピュティ系というところがポイント)、ストームキャット系、ボールドルーラー系と、米国血統の主力を母系に持った馬が上位を独占したわけです。

sakai


その昨年の結果も含めて、最近のマーメイドSは母系に米国血統を持った馬が走りやすくなっています。
17年2着クインズミラーグロの母父インエクセスは、米国GⅠ4勝の実績を持っていた馬。16年2着ヒルノマテーラの母父コンサーンは、ブリーダーズCクラシックをはじめ米国GⅠを2勝した馬です。

マーメイドSも「母系米国血統」に注目。今年の該当馬は……

③サラス
(母父タピット)

⑤ランドネ
(母父エーピーインディ)

⑫フローレスマジック
(母父ストームキャット)

⑮スカーレットカラー
(母父ウォーエンブレム)

③サラスは、母父にボールドルーラー系タピットを持ち血統テーマをクリアする存在。

下級条件ながら3戦して3度ども馬券圏内に入っている阪神コース替わりは歓迎材料。当時、重馬場でも走れており、今週の雨の影響も含めて時計が掛かるパワー型の馬場は大歓迎だと思います。51キロを活かした差し込みを狙っておきます。

動画で解説 ~マーメイドS(GⅢ)~



sakai

【午後の穴馬ターゲット】
東京8R
3歳上1勝クラス(芝1600m)
③シュバルツリッター

金曜朝からかなりの雨が降っている東京競馬場。さすがにこれだけ降れば馬場への影響は避けられないでしょう。道悪に対する適性はもちろんですが、先週までの顕著な内前有利の傾向がどう変わるか、ここが最大の焦点だと見ています。

先述の通り、ダービー週のCコース替わりを契機に、極端な内前有利の設定になっている東京芝コース。そのバイアスに反する形で負けた馬は巻き返しに期待する手が成立します。

3番シュバルツリッターの前走は、まさにそのトラックバイアスに嵌った格好。上位2頭はともに道中で内ラチ沿いを走っており、直線も上手く内をすり抜けています。
対してこちらは、道中後方待機で直線は大外へ持ち出す形。メンバー最速の上がりは使っていますが、この日のバイアスを考えればノーチャンスの競馬でした。むしろ良く伸びて4着なら及第点。

今回は雨の影響でバイアスが変わる可能性大。ノヴェリスト産駒なら道悪対応は十分可能。馬場変化を味方に付けることができます。前走で力を証明したと見れば、今回はさらに良い走りが期待できるはずです。

相手関係ですが、前走で先着を許した11番ダイイチターミナルは、先述の理由で逆転可能と見ています。恐いのは前走が明らかな踏み遅れだった12番サトノフォースと、道悪耐性の高そうな6番ヘイワノツカイの2頭でしょうか。

Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧