境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

ボールドルーラーの血に注目

AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


【日曜】新潟11R レパードS(ダ1800m)

sakai

全般的に米国血統の重要性が高いレパードS。中でも「ボールドルーラー」の血は重要な役割を担います。

sakai


保持のみならず内包まで含めて好走例が多いボールドルーラー系。上記表から割愛したところでも、12年3着イジゲン(母母父カポウティ)、11年2着タカオノボル(母母父エーピーインディ)なども該当馬。
先行力とパワーが勝敗を決める要素になりやすいレースなので、米国血統の持ち味が活きやすいところ、その代表格であるボールドルーラーの存在感が増すという構図です。

sakai


そのボールドルーラー絡みの血統である、アグネスタキオン、シンボリクリスエスも見逃せない重要血統。二桁人気の激走も多いだけにマークは怠れません。

今年のメンバーからボールドルーラーの血に絡んだ馬を候補馬として抽出すると……

④ヴァイトブリック
(父シンボリクリスエス)

⑩デルマルーヴル
(父パイロ)

⑪エルモンストロ
(母父アグネスタキオン)

⑪エルモンストロは母父にボールドルーラー系サンデーのアグネスタキオンを持っており血統テーマをクリアする存在。

前走のユニコーンSは、45.8-49.7秒の超前傾ラップを好位で追走して伸び切れずも、本質的にもう少し長い距離が向いている馬で、これはマイル戦に対する適性の差と割り切っていいでしょう。当時の上位馬が何も出走してこないことも含めて、再びの人気薄なら狙ってみたくなるところです。

動画で解説 ~レパードS(GⅢ)~



sakai

【午後の穴馬ターゲット】
新潟12R
3歳上1勝クラス(芝1400m)
⑮テトラクォーク

新潟芝コースのドル箱血統といえば、意外なことにノヴェリスト。

過去2年、新潟芝におけるノヴェリスト産駒の成績は【8-12-10-46/76】勝率10.5%、複勝率39.5%。出走回数が24回と少ない札幌の数字には劣りますが、これだけの安定感を見せるコースは他にありません。

中でも1400m~1800の距離がホットスポットで、同対象期間で【7-10-8-24/49】勝率14.3%、複勝率51.0%をマーク。先週も、早速、コミカライズ(芝1400にて4人気1着)、アビーム(芝1600にて2人気1着)が、血統適性の高さを見せ付けるパフォーマンスを披露してくれました。

そのノヴェリスト産駒の買い時である新潟芝1400に、⑮テトラクォークが出走。

前走はダートで大敗も、当時は9ヵ月強の休み明けで、しかもレースの流れに乗り切れず大敗。これは度外視していいでしょう。
デビュー当初は芝を使っていた馬で、上にストレンジクォークやアップクォークがいる血統背景を考えれば、この芝替わりはむしろ歓迎材料と見るべき。大変身があっても驚けません。

Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧