境和樹の穴馬券ネオメソッド

【穴馬券ネオメソッド】


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


京都11R 菊花賞(GⅠ)(芝3000m)

sakai

今年の菊花賞は、以下の2つのポイントを重視したいと思います。

・長距離GⅠ血統を重視
・ディープ産駒の台頭


まず、先ほども掲載した過去の好走馬血統を色分けした以下の図をご覧ください。

sakai


近年の好走馬は、そのほとんどが現役時代に3000超のGⅠを勝った馬、または、種牡馬として3000超のGⅠ勝ち馬を送り出した馬を、父か母父に持っています。

すなわち、「長距離GⅠ血統保持馬」ということ。

キングカメハメハ【0-1-2-8/11】
ハーツクライ【0-1-0-10/11】

A級種牡馬の中で、どうしても菊花賞に手が届かないキングカメハメハとハーツクライを例に出すと、より鮮明になる長距離GⅠ血統の重要性。

この2頭の種牡馬は、ともに現役時代に3000超のGⅠ勝ちがなく、また種牡馬としても長距離のGⅠ勝ち馬は出せていません(ハーツクライは、天皇賞・春の穴種牡馬ですが、【0-5-3-15】とあくまで複穴としての活躍)。

ちなみに、昨年、1人気のブラストワンピースを送り出し4着に敗れたハービンジャーは、過去、菊花賞に6頭の産駒を送り込み一度も馬券になっていません。ハービンジャー自身に3000超の距離実績がないことに加え、種牡馬になってから産駒の3000超レースの成績は【0-0-1-10/11】です。

菊花賞は、3000という距離自体にほとんど意味がないレース。たまたま3歳限定のGⅠが3000で行われるというだけで、3000という距離を狙って出走してくる馬ばかりではないからです。したがって、春の実績馬については、長距離適性に疑問符が打たれるような場合でもそう簡単には軽視できないもの。3歳馬同士の能力差で、多少の距離適性はカバーしてしまいます。

しかし、その一方で現実に3000という距離を走るという事実も軽視はできません。その意味で、少なくとも実績で劣る馬が台頭するためには、3000という距離に対する適性が必要不可欠。この適性で上位馬との能力差を埋めなければならないからです。そして、それを表象する最も分かりやすいファクターが、「長距離GⅠ血統保持馬」であるということになります。

続いて、菊花賞とディープ産駒について。一言でいえば、近年の菊花賞はディープ産駒がパフォーマンスを上げやすいレースに変貌してきていると言えます。

sakai


未曾有の極悪馬場だった17年は参考外として、近2回の良馬場施行時に連勝しているのがディープ産駒。そして、そのディープ産駒が勝った2年には、ラスト3Fの上がり比べだったという共通項があります。人気馬を含めてディープ産駒が揃って凡走した14年、12年と比較すると、その差は明らかと言っていいでしょう。
かつての菊花賞は、後半4Fの持続力比べがデフォルトでしたが、近年はその傾向が崩れており、その結果として上がりの脚とスタミナで勝るディープ産駒が結果を出しやすくなっていると考えられます。

今年のメンバーを見渡すと、どうしてもハナにこだわるという馬はおらず、ダッシュの鈍い馬も多いことから近2回の良馬場施行時に近いスローからの上がり比べが想定されます。となれば、今年もやはりディープ産駒の重要性は高くなると考えておいた方がいいことになります。

長距離GⅠ血統であり、かつ、想定されるスローからの上がり比べに対応できるディープ産駒から本命を選びたい今年の菊花賞。

⑤ワールドプレミア

⑭サトノルークス

⑱メイショウテンゲン

⑤ワールドプレミアが最新の菊花賞向きのタイプ。

今回人気に推されるであろうヴェロックスには連敗中。ただ、少なくとも前走に関しては「権利獲り」という命題があったレースで、ハナから勝ち負けにこだわる意味がありませんでした。つまり、ヴェロックスとは違う次元で競馬をしていたということ。あの差をもって勝負付けが済んだと見るのは早計。

兄ワールドエースがきさらぎ賞、マイラーズCと京都外回り重賞を2勝している母系から、阪神から京都外回りへのコース替わりは大歓迎。前走とは違い、今回は勝つことが目的の一戦。強敵逆転の可能性は決して少なくないでしょう。

動画で解説 ~菊花賞(GⅠ)~



sakai

新潟12R
飛翼特別(芝1000m)
⑯マリノディアナ

3度目の正直、⑯マリノディアナをもう一度狙ってみたい一戦。

千直適性とリンクする、芝スタートのダ1200先行実績のあるこの馬。アイビスSDを2度制し、千直の申し子と言われたカルストンライトオ産駒で、当地への適性を予感させる馬です。

それに反してここ2戦がサッパリですが、2走前はレースを振り返っていただければ分かる通り、後方で進路を探して右往左往している間にレースが終わってしまうという消化不良の一戦。前走は格上挑戦に加えて、千直では致命的な最内枠引き。これは参考外と考えていいでしょう。

自己条件に戻り、ハンデ51キロの軽量、そして待望の外枠引き。条件は揃いました。これで何もなければ見込み違いだったと諦めますが、今回は注目せずにはいられません。

Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧