境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


京都11R ファンタジーS(GⅢ)(芝1400m)

sakai

将来性よりも完成度が問われるファンタジーSは、スケールの大きなGⅠ級種牡馬よりも、むしろダートを使いたくなるようなパワー型血統が走りやすいレース。

sakai


京王杯2歳Sでも好走馬を多く輩出しているキンシャサノキセキ、ダイワメジャーを筆頭に、芝、ダート兼用のメイショウボーラーや、米国血統のロージズインメイ、そしてクロフネと、ダートOKの血統が毎年のように穴を開けていることが分かります。

完成度の高さとダート志向に注目して候補馬を抽出。

②ラヴォアドゥース
(父ダイワメジャー)

③シャレード
(父ダイワメジャー)

⑥レシステンシア
(父ダイワメジャー)

⑦ケープコッド
(父ダイワメジャー)

⑧モズアーントモー
(父アンクルモー)

⑪ヒルノマリブ
(父ゴールドアリュール)

ダート型サンデーの筆頭格であるゴールドアリュール産駒に白羽の矢、⑪ヒルノマリブを狙います。

前走のすずらん賞は、地方馬の出走も多くレースレベルに疑問を持ってしまいがちなレースでしたが、3着コスモリモーネ、6着プリンスリターンが直後に勝ち上がり(4、5着馬はその後未出走)。決して悪いレースではなかったことがハッキリしています。

そのすずらん賞で後塵を拝した⑦ケープコッドもいる今回ですが、当時のレース振りを見れば、距離が延びて良さそうなのは、断然2着だった⑪ヒルノマリブの方。血統適性も加味して逆転可能と判断しました。

動画で解説 ~ファンタジーS(GⅢ)~



sakai

東京11R
京王杯2歳S(芝1400m)
⑩グランチェイサー

sakai

京王杯2歳Sは、ダイワメジャーとキンシャサノキセキの好走が多いレース。

sakai


sakai


この2頭の種牡馬は、サンデー系の中でも特性が似通ったタイプ。

★ダイワメジャーとキンシャサノキセキの共通点
・2歳の早い時期から安定して走れる
・ダートでもパフォーマンスが落ちない
・GⅠレベルではマイル以下
・勝ち切りタイプより堅実駆けタイプが多い


この2頭の種牡馬がコンスタントに好走馬を送り出しているところが、京王杯2歳Sというレースのポイント。
多少スケールで見劣りますが、昨年の6人気3着カルリーノ、16年4人気3着ディバインコードを送り込んだマツリダゴッホも、カテゴリーとしてはダイワメジャーやキンシャサノキセキに近い、サンデー系の中でも底力に欠け、馬力と持続力で勝負するタイプの血統と言えます。

将来性よりも現時点での完成度が問われやすいレースで、また、溜めて弾けるよりも馬力と持続力で押すタイプがパフォーマンスを上げやすいのが、京王杯2歳Sというレースの特徴。

今年の候補馬は……

⑥セイラブミー
(母父ダイワメジャー)

⑩グランチェイサー
(父ダイワメジャー)

ダイワメジャー持ちの2頭に注目した上で、本命は⑩グランチェイサーの方。

新潟2歳Sでシンガリ負けを喫した馬ですが、当時はスタート直後からモロに引っ掛かり、最後の直線は何もできずに終わっています。レース後の公式コメントでは、ノーコントロールになってしまったとのこと。まだ気性や口向きに課題があるようですが、少なくとも前走が実力を示す着順だったとは言い切れません。

今回は新馬勝ちしたコースに戻り、口向き矯正の施策も講じてくるとのこと。血統的にもレース適性を感じる馬なので、大敗後の一変に期待してみたいところです。

Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧