境和樹の穴馬券ネオメソッド

【穴馬券ネオメソッド】


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


東京11R アルゼンチン共和国杯(GⅡ)(芝2500m)

sakai

年に2回だけ行われる、超特殊条件の東京芝2500重賞。当然、求められる適性も特殊なものとなり、その特殊な適性を見抜くことが、穴馬を捕獲するための必須ポイント。

過去の好走馬から浮かび上がる、このレースに対する適性の有無を判断する材料が以下の2つ。

・3000超の重賞で好走実績がある
・条件戦で勝ったり負けたりしている馬


sakai


芝2400とたったの100mしか違わないにも関わらず、この条件はスタミナの要求値が格段に跳ね上がります。その結果として求められるのは、3000m超の長距離GⅠに近いスタミナ能力。
菊花賞や天皇賞・春はもちろん、阪神大賞典やステイヤーズSなど、実際に3000超の重賞競走で好走した実績は大きな武器になります。

sakai


格下馬の好走が多いのも、このアルゼンチン共和国杯というレースの特徴。昨年も、勝ち馬ムイトオブリガードのみならず、11人気3着と大穴を開けたマコトガラハッドも、やはり前走条件戦からの臨戦馬でした。

条件戦を勝ちあぐねているような馬は、一般的な(頻繁にレースが行われる)条件に対する適性で劣っていることが多い。もちろん、箸にも棒にも掛からない凡走続きでは、根本的な能力が欠けていると言わざるを得ませんが、常にそれなりの着順を拾い、時には勝ち切ることもあるような馬は、能力が足りないのではなく、持っている適性が特殊過ぎてそれを発揮できる条件がなかなか揃わないという可能性も考えられます。

そして、そんな馬が眠らせている適性を発揮できる舞台、それが特殊条件の芝2500重賞ということ。格下だからと言って簡単に侮ることはできないのです。

長距離重賞好走馬または前走条件戦からの参戦馬から狙い馬を探したいアルゼンチン共和国杯。

①アフリカンゴールド
(前走3勝クラス1着)

⑥ポポカテペトル
(菊花賞3着)

⑩トラストケンシン
(前走3勝クラス2着)

⑫オジュウチョウサン
(前走3勝クラス10着)

⑥ポポカテペトルは、菊花賞3着で長距離重賞好走実績というテーマを満たす存在。

過去2回、東京芝2500で行われる目黒記念に出走し結果を出せていませんが、18年は16頭立て16番枠という不運な外枠が祟っての(0.2秒差4着)、19年は9ヵ月ぶりの長期休養明けと、ともに情状酌量の余地がある競馬でした。距離不足だった前走も度外視可能。

溜めても一切切れない代わりに、持続力とスタミナに秀でた馬ばかり輩出するミスパスカリ母系にとって、こういった特殊条件は間違いなくパフォーマンスを上げられる舞台。忘れられた菊花賞3着馬、人気落ちの今回が絶好の狙い目です。

動画で解説 ~アルゼンチン共和国杯(GⅡ)~



sakai

京都11R
みやこS(ダ1800m)
⑨アナザートゥルース

みやこSは、総じて欧州的な底力に長けた血統が好走しやすいレース。

中でも、一昨年(ちなみに、昨年はJBC開催のため施行無し)の1~3着馬が全て保持または内包馬だったリファール系が最も好相性。過去、これだけの該当馬が好走しています。

【みやこSとリファール系】

17年2人1着テイエムジンソク
母母父ダンシングブレーヴ

17年9人2着ルールソヴァール
母母父プラウドデボネア

17年3人3着キングズガード
母父キングヘイロー

16年7人3着ロワジャルダン
母母父リファール

15年7人1着ロワジャルダン
母母父リファール

12年3人2着ニホンピロアワーズ
父ホワイトマズル

11年4人2着トウショウフリーク
母父ダンシングブレーヴ

11年5人3着ニホンピロアワーズ
父ホワイトマズル

このレースは、残り600地点でラップがグンと速くなり、そこでの凌ぎ合いの末にゴールに向かって失速する消耗戦になりやすいレース。ラスト2Fの我慢比べになりやすいところ、その踏ん張りに対応する底力を欧州血統、ダンシングブレーヴを筆頭としたリファール系が補完するという構図が生まれると考えられます。

今年も欧州血統保持・内包馬に注目。

②アドマイヤビクター
(母母父リファール)

③キングズガード
(母父キングヘイロー)

④アングライフェン
(母父パントレセレブル)

⑨アナザートゥルース
(母母父プラウドデボネア)

⑨アナザートゥルースは、一昨年9人気で2着したルールソヴァールの下にあたる血統馬。

この母系は、去勢によって馬が激変する晩成タイプという個性がハッキリしています。ブリンカー装着の効果もあった2走前に重賞を制覇。前走も敗れはしましたが勝ち馬と0.4秒差の4着と、この母系らしく5歳にしてようやく完成の域に達した様子。ここからがこの母系の真骨頂です。

Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧