境和樹の穴馬券ネオメソッド

【穴馬券ネオメソッド】


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


中京11R 中日新聞杯(GⅢ)(ダ1800m)

sakai

中京芝2000重賞は、米国的ダート血統を保持または内包している馬が走りやすいレース。

この中日新聞杯および同時期に行われていた金鯱賞でも、この傾向は顕著。

sakai

ボールドルーラー系を筆頭に、米国ダート的な馬力血統を母系に持っている、または内包している馬が頻繁に好走するのが、最近のトレンド。

sakai

この傾向は、春開催で行われる金鯱賞(現行)、愛知杯でも如実に表れており、中京芝2000重賞全般に渡る血統傾向と捉えていいでしょう。

もちろん、このレースも母系に米国ダート血統を保持・内包している馬を候補馬としてピックアップ。

①ロードヴァンドール
(母父ストームキャット)

③カヴァル
(母母父シルヴァーデピュティ)

⑤ランドネ
(母父エーピーインディ)

⑦アイスストーム
(母母父ストームバード)

⑧アドマイヤジャスタ
(母母父カヴィアト)

⑫ショウナンバッハ
(母母父ジャッジアンジェルーチ)

既に同コース重賞実績がある①ロードヴァンドール、⑫ショウナンバッハあたりも悪くはありませんが、血統適性から未知の魅力を引き出すという観点なら、⑧アドマイヤジャスタの復活に一票投じたいところ。

近走全て二桁着順と不振に喘いでいますが、この中間は2週続けて岩田騎手が調教に跨るなど、熱心さが目立ちます。前走は出遅れが全てでノーカウントと言っていい内容で、中京替わりも相まって変身があるならここというタイミングじゃないでしょうか。

動画で解説 ~阪神JF(GⅠ)~



sakai

阪神10R
境港特別(芝2200m)
③ウォーターパルフェ

昨年、一昨年と、この境港特別において5人気2着メールドグラース、2人気2着ダノンディスタンスと連続して連対圏に産駒を送り込んでいるルーラーシップ

元々、ルーラーシップは阪神芝2200と相性が良く、過去2年の全体成績で【1-3-3-6】連対率30.8%、複勝率53.8%と安定感抜群。決め手に欠ける産駒が多いので勝率が低いのは仕方なく、その決め手不足を補える非根幹距離でパフォーマンスが上がるという流れも納得できるもの。複穴特注馬としてマークしておかなければなりません。

③ウォーターパルフェがそのルーラーシップ産駒。近2走が一息も、少なくとも前走は大出遅れと展開不向きと敗因はハッキリ。その前走が58キロを背負っての競馬で、今回はハンデ戦で54キロと大幅斤量減。勝手を知る鞍上に手が戻ることも好材料で、ここは巻き返しの絶好機と見ます。

Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧