境和樹の穴馬券ネオメソッド

【穴馬券ネオメソッド】


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


阪神11R 阪神JF(GⅠ)(ダ1800m)

sakai

基本的には末脚性能が問われるレースで、後のクラシックでも活躍できるだけのポテンシャルを持った馬が順当に結果を出すことが多い阪神JF。

今年も、リアアメリアやクラヴァシュドールなど、来年の主役候補と目される馬が出走してきており、これらは無難に上位争いに加わることでしょう。

しかし、そんなレースである反面、2歳GⅠということもあって、現時点での完成度で素質馬に立ち向かう馬の好走も目立つレース。スケール系の馬は人気になりがちですが、完成度タイプは人気の盲点になることも少なくありません。したがって、馬券的にはこちらにフォーカスを当てたいところ。

sakai

まず注目すべきは、母系に短距離血統を持った馬。スピードに勝る早熟型の血を母系に眠らせている馬が、その完成度を武器に上位に食い込むという寸法です。

sakai

sakai

一方、単体種牡馬として目が離せない存在がクロフネ。以前から何度もお伝えしている通り、クロフネは完成の早い産駒が多く、本番よりもトライアルで能力を発揮することが多い前哨戦血統。その“一歩早い”完成度が、このレースでは大きな武器になるということです。

過去の成績は上記の通り。近2年ともに同馬を父か母父に持った馬が馬券になっており、総合成績も勝ち馬こそ出ていないものの、複穴としての活躍が目立ちます。

母系短距離血統またはクロフネ持ちに注目したい阪神JF。

①ヤマカツマーメイド
(母ヤマカツマリリン)

③ウーマンズハート
(母レディオブパーシャ)

⑥クリスティ
(母父クロフネ)

⑨マルターズディオサ
(母トップオブドーラ)

⑯エレナアヴァンティ
(母ドリームカムカム)


血統的には⑥クリスティ。母父にクロフネを持ってテーマをクリアする存在。

勝ち馬ワーケアには完全に決め手負けの格好も、内で我慢しているうちに先んじられた格好で、外に切り替えるロスがあった分ともいえる内容でした。立ち回りひとつで食い込み余地くらいはありそうです。

動画で解説 ~阪神JF(GⅠ)~



sakai

中山11R
カペラS(ダ1200m)
⑮ヒロシゲゴールド

カペラSは、馬場状態によって好走血統が変動するレース。

すなわち、良馬場ならサンデー系、道悪ならミスプロ系。

sakai

08年にこのレースが新設されて以降、良馬場で行われたのは10、12、13、14、16、17、18年の7回。上記表と見比べていただければ一目瞭然、そのいずれもでサンデー系産駒が勝利、または穴を開けています。

良馬場になると、単純なスピードだけでは押し切れないのが、高額条件の中山ダ1200。快速型が飛ばす流れに乗じて、サンデー系の決め手と底力が活きやすくなるという構図です。

sakai

一方、道悪で行われた08、09、11、15年の4回は、いずれもミスプロ系産駒が勝利、または穴を開けています。ちなみに、この4回においてサンデー系産駒は1頭も馬券にすら絡んでいません。

道悪になると、やはりスピードの優位性が高まるのがこのコースの特徴。そうなれば、ミスプロ系の単調ともいえるスピード能力が最大限に発揮されるというわけです。

今年は非常に馬場状態が微妙。レース直前まで馬場状態を注視することをお勧めします。

一応、この原稿を書いている土曜日14:30の段階で、まだ雨が降っているようで、馬場状態は稍重。何とも難しいところですが、ここではレース時点でも道悪が残ると見て、ミスプロ系を重視。

③ヒザクリゲ
父ケイムホーム)

⑥ダノングッド
(父イリューシヴクオリティ)

⑮ヒロシゲゴールド
(父サウスヴィグラス)

⑮ヒロシゲゴールドは、揉まれ弱い馬だけにこの外枠は絶好球。前走は出遅れて競馬になっていません。馬場渋化が残れば巻き返しのチャンス十分です。

Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧