境和樹の穴馬券ネオメソッド

【穴馬券ネオメソッド】


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


東京11R 東京新聞杯(GⅢ)(芝1600m)

sakai

東京新聞杯は、欧州血統と人気薄のディープインパクト産駒を狙いたいレース。

sakai


欧州血統、主にダンシングブレーヴの系統が特注系統。昨年も該当馬レッドオルガが6人気2着と穴を開けています。

その他では、14年、16年と2度2着したエキストラエンドや12年4人気2着コスモセンサーなどに絡んだネヴァーベンド系も、内包馬まで含めて注目しておきたいところ。

血統的には、欧州GⅠレベルの底力とスタミナが求められるレースだと言えます。

sakai


初めて産駒が出走した当初は、あまりこのレースと相性が良くなかったディープ産駒ですが、14年以降は毎年必ず何かしら1頭は馬券になっており、いまや東京新聞杯を考える上で欠かすことのできない血統となりました。

また、東京新聞杯のディープ産駒は取捨のポイントがハッキリしていて、人気馬よりも人気薄の期待値が高いことが特徴。

sakai


上記表が示す通り、これだけ多くの馬が馬券に絡んでいる一方で、12年1人気5着ダノンシャーク、2人気7着フレールジャック、13年1人気10着ドナウブルー、16年2人気4着ダノンプラチナや18年1人気9着グレーターロンドンなど、人気に推された馬は軒並み凡走しています。

東京新聞杯自体、人気馬の信頼度が低い波乱含みの一戦。ディープ産駒に関しても、その感覚が重要だと言えるでしょう。

以上のテーマに沿って、今年の候補馬を抽出。


①プリモシーン
(父ディープインパクト)

②ヴァンドギャルド
(父ディープインパクト)

⑤サトノアーサー
(父ディープインパクト)

⑨レッドヴェイロン
(母父ダンシングブレーヴ)

⑮ケイアイノーテック
(父ディープインパクト)

人気の盲点になるディープインパクト産駒⑤サトノアーサーが、東京新聞杯らしい絶好球。

前走は超が付く不良馬場で持ち味が活きなかっただけ。長欠明けの2走前は、トラックバイアスに乗った面があったにせよ、次走でチャレンジCを勝つロードマイウェイを頭差まで追い詰める2着。まだ能力の衰えも見られません。

動画で解説 ~東京新聞杯(GⅢ)~



sakai

京都7R
4歳上1勝クラス(ダ1800m)
⑬ハーシェル

今年に入ってから、京都ダ1800でやたらと走っているハーツクライ産駒。土曜日終了時点で【4-1-2-6/13】勝率30.8%、連対率38.5%、複勝率53.8%というハイアベレージを叩いています。

その京都ダ1800のハーツクライ産駒に該当するのが、⑬ハーシェル

昇級してから惨敗続きですが、今回はダート替わりという起爆剤付き。母父ストリートクライというところからも、秘めるダート適性を感じるところ。

砂を被るリスクが大外枠で軽減されたことも大きく、ここは大変身に期待してみたくなります。

土曜版にて、きさらぎ賞の狙い馬を公開中ですので、ぜひアクセスしてみて下さい!

きさらぎ賞の予想動画はコチラ⇒



Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧