境和樹の穴馬券ネオメソッド

【境和樹・穴馬券ネオメソッド】


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


函館11R 函館記念(GⅢ)(芝2000m)

sakai

スピードや瞬発力よりも、スタミナと持久力の要求値が高い函館記念。

血統的には、ロベルト系長距離GⅠ血統に注目です。

sakai


まずはロベルト系
内包まで含めると好走例は非常に多く、昨年も9人気2着マイネルファンロン、3人気3着ステイフーリッシュがともに母母父にロベルト系を内包していました。一昨年は5人気の勝ち馬エアアンセムが父ロベルト系シンボリクリスエス。

もう少し古い例に遡っても、12年4人気1着トランスワープ(母父リアルシャダイ)、12年8人気2着イケトップガン(父マヤノトップガン)、11年4人気1着キングトップガン(父マヤノトップガン)、11年12人気2着マヤノライジン(父マヤノトップガン)など、好走例は枚挙に暇がありません。

なお、他の重賞ではほとんどお呼びがかからないマヤノトップガン産駒がこれだけ好走しているところもポイント。それだけ、函館記念が相当な鈍足性とスタミナ欲求の強いレースであることがお分かりいただけると思います。

そのマヤノトップガンも該当する長距離GⅠ血統というテーマも見逃せません。

sakai


最近はステイゴールドの名前が目立ちますが、それ以外にもダンスインザダーク、ジャングルポケットなど。
14年2人気1着ラブイズブーシェは、母父がメジロマックイーン。12年4人気1着トランスワープは、母父にリアルシャダイなどもこのテーマに該当していた馬。
「自身が現役時代に3000超のGⅠを勝っている、または種牡馬として3000超のGⅠ勝ち馬を出している」。これが長距離GⅠ血統の定義。それくらいのスタミナと持久力がパフォーマンスアップに繋がるレースだということです。

ロベルト系長距離GⅠ血統を重視、今年の候補馬は

①レイエンダ
(母父シンボリクリスエス)

②バイオスパーク
(母母父セレスティアルストーム)

③ミスマンマミーア
(父タニノギムレット)

⑧ベストアプローチ
(母母父シルヴァーホーク)

⑩トーラスジェミニ
(母父マンハッタンカフェ)

⑫プレシャスブルー
(母父アンバーシャダイ)

⑯マイネルファンロン
(母母父ブライアンズタイム)


③ミスマンマミーアは、父タニノギムレットが函館記念の最重要血統であるロベルト系。

かつては道営所属馬としてコスモス賞にチャレンジ、ステルヴィオのクビ差2着という実績があり、札幌2歳Sでも7着ながら勝ち馬と0.3秒差。高い洋芝適性は証明されています。

マーメイドSは内前有利の馬場設定にあって明らかにノーチャンスの位置取りで参考外。2走前、絶妙な騎乗で勝利に導いた池添騎手とのコンビ復活なら、一発の魅力十分と判断しました。



sakai

阪神11R
中京記念(芝1600m)
③ロードクエスト

最近の阪神芝1600重賞は、前走芝1400からの距離延長組が穴を開けるケースが目立っています。

sakai


直近に行われた同舞台の重賞アーリントンCでは、前走芝1400で1勝クラスを勝ったギルデッドミラーが2着と健闘。ちなみに、勝ち馬タイセイビジョンは京王杯2歳S勝ち馬、5人気3着プリンスリターンも、1400のOP特別であるききょうS勝ちの実績があり、いずれも1400性を満たしていました。

その他、今年の阪神牝馬Sでは、前走京都牝馬S組が、勝ち馬サウンドキアラ、二桁人気のディメンシオンで同時好走。

昨年の朝日杯FSで14人気3着と大穴を開けたグランレイは、前走、芝1400で初勝利を挙げた直後。人気通りの好走ではありますが、2着馬タイセイビジョンも前走は1400の京王杯2歳Sでした。

私も、以前からアーリントンCの予想テーマとして、この「1400性」を取り上げていましたが、最近は、アーリントンCのみならず、阪神芝1600重賞全体にこの傾向が広まってきている様子。

前傾~平均ラップからの持続力比べになるケースが増えていることで、その流れに近い芝1400の経験(または実績)が重要になると考えられます。

例年と異なり、阪神芝1600を舞台に行われる今年の中京記念も、1400性を重視。芝1400からの距離延長組を候補馬とします。

③ロードクエスト

⑤レッドレグナント

⑯リバティハイツ

⑰ストーミーシー

⑱エントシャイデン

③ロードクエストは、前走で1400のOP特別安土城Sを使っての参戦。

その安土城Sは、ゴール前で若干狭くなって怯むシーンがあっての5着。超スローの中、シッカリ脚を使った2走前のマイラーズC4着の内容と合わせて、地味ながら復調気配が窺える点にフォーカス。

芝1400のスワンS勝ちの実績も心強く、ここは完全復活を期待できる鞍になりそうです。

Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧