境和樹の穴馬券ネオメソッド

【境和樹・穴馬券ネオメソッド】


9月13日(日)より、AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が10R~12Rのメイン解説を担当します。(14時40分頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


中山11R 紫苑S(GⅢ)(芝2000m)

sakai

紫苑Sは、重賞昇格によるブランド力アップと、ボールドルーラー系保持・内包馬の取り扱いが予想の主軸となるレース。

かつてOP特別だった頃の紫苑Sといえば、春シーズンの段階で路線に乗っていた馬にとっては完全に叩き台と割り切るレース。そんな既成勢力が取りこぼし、上がり馬が台頭することが常でした。

sakai


11年のピュアブリーゼや12年のアイスフォーリスは典型的なパターンで、オークスで上位争いしたレベルの馬でも凡走してしまう。これがかつての紫苑Sというレースの持つ性格でした。

sakai


しかし、重賞に昇格したことにより、紫苑Sは傾向がガラリと変わります。春の既成勢力がシッカリ結果を出しやすくなり、特にオークス出走組の重要性が飛躍的に高まりました。
重賞になったことで賞金額が1900万円から3500万円と倍近くに跳ね上がったことに加え、将来の繁殖入り後の価値を大いに高める重賞ウィナーの勲章も得られるわけですから、モチベーションが上がるのも当然の話。
ブランド力のある現在の紫苑Sは、春の実績重視が基本線。オークス出走組の評価は無条件に上げるべきです。

一方、血統的にはボールドルーラー系保持・内包馬が堅調。

sakai


昨年は勝ち馬パッシングスルーが母母父にシアトルスルーを内包。昨年の出走馬で、ボールドルーラーの血を保持・内包していた馬は、このパッシングスルー1頭しかいませんでした。
なお、同年8人気2着フェアリーポルカも、母父アグネスタキオンがボールドルーラー系サンデー。直接的な保持・内包馬ではありませんが、関連性は薄くない血統背景を持っていました。

オークス出走組とボールドルーラー系保持・内包馬を候補馬として抽出。

②マジックキャッスル
(オークス5着)

⑩マルターズディオサ
(オークス10着)

⑬ホウオウピースフル
(オークス8着)

⑭チェーンオブラブ
(オークス6着、母母父プルピット)

⑰ウインマイティー
(オークス3着)

⑭チェーンオブラブは、オークス出走馬で母母父にボールドルーラー系プルピット。馬キャラ、血統両面から狙える存在。

フェアリーS2着で中山適性も証明済み。立て直した効果にも期待して、大駆けに一票投じます。



sakai

中山10R
セプテンバーS(芝1200m)
⑤キルロード

スプリンターズSを擁する秋競馬開幕開催。そのスプリンターズSは、同年の中山芝1200の血統傾向を反映しやすいという特徴があります。最終週の大一番を見据えて、この開催の芝1200戦も血統傾向に注目。

今年、中山芝1200で絶好調なのがロードカナロア。

その成績は【4-1-1-6/12】勝率33.3%、連対率41.7%、複勝率50.0%。単回率160%に複回率134%と馬券的にも重宝する存在。春開催ではメジェールスーの7人気1着というオイシイ馬券にもありつけました。
実は、昨年までロードカナロア産駒は中山芝1200をそう得意にしていませんでした。19年にいたっては【0-1-1-15/17】となんと未勝利で終わっています。それだけに、今年に入ってからの好調は見逃せないというわけです。

そのロードカナロア産駒が、⑤キルロード、⑥ルガールカルム、⑮アカネサスと3頭出走するこのレース。

狙いは⑤キルロード

デビューから何故か芝の中距離やダート戦ばかり使われていましたが、現役時代、スプリント路線で活躍したキルシュワッサーの仔なら距離を詰めて芝1200で良さが出るのは必然の流れ。
道悪実績もあり、下り坂の天気が予想される明日の馬場もマッチしそう。スタート直後の落馬に終わった前走を度外視して狙ってみたい一戦です。


Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧