境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年7月21日]

中京芝1200mといえば…

【土曜の穴馬券ネオメソッド】

中京8R3歳上500万下・牝 芝1200m

(15)ペプチドヒノトリ

動画で解説 ~3歳上500万下・牝~

今週で終了する中京開催。新装一発目の開催となった前開催も思ったことですが、事前に考えていた以上に面白いコースになりましたね。今開催は、ダート戦もレース展開のバリエーションが増えたように思いますし、芝も基本は外差しながら、馬場状態によっては好位勢が押し切るレースも多く、なかなか推理しがいがあります。もう少しサンプルが集まれば、血統傾向もよりハッキリしてくることでしょう。今後がますます楽しみになる競馬場です。

さて、そんな最終週の中京から、最も血統的に分かりやすい傾向が出ている芝1200mのレースを狙います。

中京コース自体、馬力の要求値が高く、ダート血統やロベルト系が走りやすいということは、以前から何度か指摘していますが、中でも芝1200mは最も顕著にその傾向が表れています。そして、その傾向を引っ張る存在がクロフネの隆盛です。

【中京芝1200mにおけるクロフネ産駒】
成 績 2-3-1-5/11
勝 率 18.2%
連対率 45.5%
複勝率 54.5%
単回率 55
複回率 140


先週も、知多特別にて同産駒のアースソニック、アンプレシオネがワンツーを決めており、何と言っても、高松宮記念のカレンチャン、CBC賞のスプリングサンダー(7番人気2着)と、重賞レースにおいても好走馬をキッチリ出している点が最大の強調材料。これが来年以降の同レース検討において最重要事項になることは言うまでもありませんが、この結果それ自体がクロフネ産駒とこのコースとの好相性を示していることに異論はないでしょう。
ちなみに、クロフネの父でもあるフレンチデピュティも、先週、11番人気で勝ち切って穴を開けたバコパを輩出しています。このことも、クロフネ産駒と中京芝1200mの相性を証明する間接事実と言えます。

というわけで

続きは会員登録のあと!!

会員限定コンテンツとなります。 ※アカウント登録がお済みの方はログインしてご覧ください。

①メールアドレスを入力して、アカウントを作るボタンをクリック
②うまスクエアから確認のメールが届きます。
確認メールの内容に従って、アカウント登録を進めてください

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧