佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第1020球]

【阪神JF】これが今のトレンド

今年の【阪神JF】は、2戦2勝の重賞ウイナーが3頭出走。2歳の牝馬No.1を決めるに相応しいメンバー構成となりましたが、その中でも⑮リアアメリアの力が抜けていると思っています。

一昔前は、クラシックを狙うような素質馬は、秋にデビューしていましたが、それが、段々と早くなり、今では、6、7月デビューも目立ってきました。いち早く勝たせて放牧に出し、成長を促した後で重賞に挑戦。いかに余裕を持ったローテーションを組めるか、これが今のトレンドです。外厩での調整技術が上がったこともそうなった要因のひとつでしょう。

⑮リアアメリアは、この世代の新馬勝ち第一号。そこから5ヵ月の放牧を挟んでアルテミスS→阪神JFというローテーションは、ノーザンFの中でも一目置かれていた存在であれば、かなり早い段階で決まっていたんだと思います。有力馬同士の対戦を避けることができますからね。まあ、この馬に限って言えば、他が⑮リアアメリアを避けたんだと思いますが。

ユウガも先週のGIを勝って気分も楽になっているでしょうし、キャリアはまだ2戦とはいえ、この馬には相当自信を持って乗っているのがレース内容から分かります。外枠がどうこう言われていますが、ワンターンの外回りコースならそこまで心配する必要はありません。ディープ産駒が得意のコースでもありますし、最後はいつものように飛んでくると思います。

馬券は⑮リアアメリアからの3連複と3連単。③ウーマンズハート⑨マルターズディオサ⑩クラヴァシュドール④レシステンシア⑥クリスティ①ヤマカツマーメイド⑧オータムレッドが相手候補です。

【参考買い目】
●3連複フォーメーション(11点)
[1頭目]15
[2頭目]3.9
[3頭目]3.9.10.4.6.1.8

●3連単フォーメーション(12点)
[1頭目]15
[2頭目]3.9
[3頭目]3.9.10.4.6.1.8

カペラS】は、JBC経由の2頭が抜けているでしょう。⑦コパノキッキング④ゴールドクイーンの3連複2頭軸。①ドリュウ⑩レッドアネラ⑮ヒロシゲゴールド⑬タテヤマ③ヒザクリゲ⑪ハニージェイドへ流そうかと考えています。

●3連複2頭軸流し(6点)
[軸]7.4
[相手]1.10.15.13.3.11


JRA現役馬主でGⅠ5勝オーナー【佐々木主浩・大リーグボール22号】はレース当日10時頃公開!
次回の更新を楽しみにお待ちください!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧