境和樹の穴馬券ネオメソッド

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


小倉11R 小倉記念(GⅢ)(芝2000m)

sakai

小倉記念といえば、トニービン。毎年書いているとおり、やはりこれを置いて話を進めることはできないと言ってもいいでしょう。


sakai


昨年は、メンバー中唯一のトニービン内包馬だったハーツクライ産駒サトノクロニクルが2着。16年には11人気の超人気薄クランモンタナが勝利しましたが、そのクランモンタナは前年の15年にも8人気で小差4着とあわやの激走を見せていました。

sakai


さらに古い例まで遡っても、やはりトニービン系の支配力の高さを際立ちます。この表に掲載した09~11年あたりは、まさに神懸かり的な活躍を見せたと言っていいでしょう。

小倉記念というレースは、ほぼ毎年、4F通過あたりから一気にペースがあがり、そのまま大きなアップダウンがほとんどないままゴールに雪崩れ込むというラップ推移を辿るレース。

脚を長く使う持続力と、それを支える底力が必要になるところ、トニービン系最大の武器である消耗戦に対する強さがピッタリ嵌るという構図が生まれます。

今年の小倉記念も、トニービンの血に注目。

⑥ノーブルマーズ
(父ジャングルポケット)

⑧メールドグラース
(父ルーラーシップ)

⑩シャイニービーム
(父カンパニー)

⑪クリノヤマトノオー
(父ジャングルポケット)

⑫アドマイヤアルバ
(父ハーツクライ)

トニービンの後継種牡馬であるジャングルポケットを父に持つ⑪クリノヤマトノオーに◎。

オープン昇級後がワンパンチ足りない競馬続きながら、3走前はマイルの距離が忙しく、2走前はモタれてしまう左回り、そして前走は、福島らしい大味な競馬をした2頭が上位に入る中、上手く内に潜り込みすぎて逆にレースのスタイルにマッチしなかった敗戦。まだ頭打ちと決め付けるのは早計と考えています。

今回は高い血統適性が期待できるレース。大バケがあっても何ら不思議はないでしょう。

動画で解説 ~小倉記念(GⅢ)~



sakai

【午後の穴馬ターゲット】
新潟10R
驀進特別(芝1000m)
⑥マリノディアナ

千直で一変する可能性を秘める⑥マリノディアナを抜擢します。

父はカルストンライトオ。ご存知、アイビスSDを2度制した千直のスペシャリストですが、このカルストンライトオのみならず、マンノウォー系保持馬は千直適性の高い馬が多いんです。アイビスSDだけ見ても、同レースで2、3着と2度馬券になったアポロドルチェや13年6人気3着リトルゲルダ。10年16人気3着マルブツイースターも、母父ウォーニング、やはりマンノウォーの血を持っていました。

また、⑥マリノディアナ「中山ダ1200先行経験」という、千直の穴パターンも満たす存在。

血統、馬キャラ的に初の千直がプラスに働く可能性大と見て、ここは一発狙ってみたいと思います。


土曜版にてレパードSの狙い馬を公開中ですので、ぜひアクセスしてみて下さい!

レパードSの予想動画はコチラ⇒



Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧