日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年6月20日]

本格化でここも一気に


土曜東京10R
八ヶ岳特別
リープフラウミルヒ
ここは“もう一丁”狙い
4月に馬体重408キロで復帰して以降、5月はプラス10キロ、6月は更にプラス12キロ。この短期間での馬体増に比例するように着順を上げ、前走で500万を卒業したリープフラウミルヒ

その前走にしても2着とはクビ差でも、相沢師いわく「追ってから渋太く伸びて、着最上に強い競馬だった」と絶賛。レースでスムーズに折り合えるようになり、その分、終いのキレを増し、ここに来て完全に本格化ムード

相沢師も「中1週でも依然、ピークと言えるデキ。昇級でも好レースを期待したい」ともう一丁を狙う口ぶりだ。



日曜東京9R
清里特別
トークフレンドリー
フロック視は禁物!
某大手競馬週刊誌で[・・・・・△]とノーマークのトークフレンドリーに再度の大駆けムードあり。前走の小金井特別(12人気)は湿って脚抜きがいいダートもプラスしたが、好位で流れに乗り1分23秒1(東京ダ1400M)の好時計で走破。「発馬を決めて好位で流れに乗れたし時計も速かった。収穫のあるレースだったよ」と3着にも納得の田島俊師。

ゲート内で少しうるさいところを見せる面はあるものの、五分に出れば通用すると実証したことで「前走と同様、砂を被らず好位でスムーズな立ち回りができれば上位争いできる」と陣営のトーンも更に上昇。前走をフロック視するのは禁物だ。



日曜東京10R
夏至S
ラレータ
本格化でここも一気に
昇級2戦目でアッサリと旧1000万を勝ち上がったラレータの上昇ぶりが目覚しい。陣営も「食べたカイバが身になってきたことが、好成績につながっている」と本格化を強調。

今回はさらにクラスが上がるが、林師は「1600Mまでは守備範囲だしハンデも55キロなら問題ない。3勝クラスへ昇級しても、今の充実ぶりなら楽しみだ」と色気タップリ。相手は骨っぽくなるが、今の勢いなら一気に突破があってもおかしくない



日曜東京11R
パラダイスS
テトラドラクマ
ソロソロ結果を
「レース⇒休養」の繰り返しで順調に使いこめず、陣営も歯がゆさを漏らしていたテトラドラクマが、前走の谷川岳Sでコンマ2秒差5着。これには「復調気配が感じられた」と小西師も手応え十分。

この中間も放牧を挟んでの調整だが、前回から中6週と間隔を詰めて使えるのは何よりで、担当も「久々に良い状態で出走できるよ」とデキには満足げ。

クイーンCを勝っているようにここでも能力はヒケをとらず、小西師も「よほどグチャグチャにならなければ渋った馬場もこなせるので、ソロソロ結果を出して欲しい」と反撃態勢だ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧