日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年9月26日]

2頭出しはコッチが上


土曜中山10R
茨城新聞杯
ダイワギャバン
中山最終週でメイチ態勢
陣営の思惑を知ることが的中への近道。ここは菊沢師いわく「この後は暮れの中山まで休ませる予定なので、今回はキッチリ決めて欲しい」と力の入るダイワギャバンがメイチの勝負態勢。

ディープインパクト産駒にしては瞬発力よりも持久力に富んだタイプ。春の東京では精彩を欠いていたが、休み明けの前走・習志野特別をクビ差2着と中山に替わって一変。担当も「コース替わりに加え、状態がアップしていたのが好走につながった」と分析しており、再度、同舞台なら今回も好レースは間違いなしだ。



土曜中山11R
秋風S
ルガールカルム
シンガリ負けから一変も
前走の桜花賞はシンガリ負けを喫したルガールカルム。中3週で関西遠征の強行軍が響いたもので、夏場を休養に充て馬体を立て直されたここは一変ありとみた。

そもそも中山マイルは2戦2勝の好成績を誇る得意の舞台。軽量53キロでの出走なら初の古馬相手でも勝機は十分で、田村師も「ひと夏越して気持ちが更に強くなり、精神面での成長を感じる。楽しみな一戦だよ」とキッパリ。



日曜中山9R
サフラン賞
マルターズディオサ
牝馬同士でもう一丁
前走の未勝利戦がインパクトのある勝ち方だったマルターズディオサが狙い目だ。その前走はスタートで大きく出遅れて最後方に置かれながらも、直線はインを突いてメンバー最速の上がりで鮮やかな差し切り勝ち。稍重馬場とすれば1分34秒3の勝ち時計も優秀だ。

これでデビューから2戦とも33秒台をマークと決め手は出色で、手塚師は「ゲート練習はシッカリ積んだので、五分のスタートが切れると思う。牝馬同士ならチャンス」ともう一丁を狙う構えだ。



日曜中山12R
鋸山特別
ロジティナ
師も力の入る一戦
前走の横手特別で2着し「小回りの福島コースで結果を出せたのは収穫」と陣営のトーンも急上昇のロジティナが今度は決める。

これまで長めの距離でゆったり運べるのがベターだったが、以前よりも立ち回りが上手になっているのは好材料。中山コースは旧500万条件とは言え、2戦してともに2着の実績があり、新開師も「2ヶ月ぶりでも中間は入念に乗り込んできたので仕上がりは上々。前走でクラスにメドは立ったので力の入る一戦だ」と勝ち負けを意識。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧