日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年10月3日]

クラシック候補へ名乗り


土曜東京8R
本栖湖特別
タンタフエルサ
狙い定めた東京開幕
昇級戦の前走・信夫山特別がコンマ7秒差の4着に終わったタンタフエルサだが、関係者によると「器用さに欠ける馬なので、小回り福島は合わなかった」。夏の新潟、秋の中山を完全にパスしたのは、もちろんこの東京に備えていたもの

佐藤助手も「今回は良績のある東京コース。休み明けでも仕上がりは問題ない。立ち回りひとつで好レースになっていい」とイキナリからの構え。全2勝をこの東京でマークしており、2勝目は今回と同じ芝2400M戦。狙い定めた一戦で反撃は十分だ。



土曜東京10R
秋嶺S
ナムラカメタロー
ノンストップの3連勝も
3走前からダートへ切り替えて一気に素質が開花したナムラカメタローでもう一丁。ダート初戦は東京1400Mで流れに乗れなかったが、距離を1700Mへ延ばした函館ではスッと好位につかられるようになり、1勝・2勝クラスをポンポンと連勝。稲垣師も「今の勢いなら3勝クラスに昇級しても力は通用すると思う」とキッパリ。

今回は初ダートで敗れた東京に替わるが、今の充実ぶりで距離もマイルなら3走前のようなことはないだろう。あとはキックバックを嫌う馬なので、モマれない競馬ができるかがポイント。思惑通り運べればノンストップの3連勝でのオープン入りは目前だ。



土曜東京11R
サウジアラビアRC
サリオス
クラシック候補へ名乗り
今回と同舞台の東京マイル戦でデビュー勝ちしているサリオスの連勝が濃厚だ。とくにかくそのデビュー戦の内容が秀逸。序盤は後方で末脚を温存し、直線半ばから追い出しに移るとシャープに反応。上がり3F33秒1の鋭い脚を繰り出して2馬身差の楽勝。3着はさらに7馬身ちぎれたのだから、1頭だけ次元が違った印象だ。

筋の通った血統に加え、大物感あふれる新馬勝ちの内容から将来性は十分で、森助手も「放牧明けでも仕上がりは順調。重賞でも好レースが期待できますよ」と泰然自若の構え。関東牝馬のクラシック路線で主役になりうる馬だけに要注目。



日曜東京9R
六社S
オジュウチョウサン
絶対王者にとって通過点
この秋は再び平地に挑戦するハードル界の絶対王者オジュウチョウサンを狙う。6ヶ月の休み明けでも、美浦に帰厩後は入念に調教を積まれ、関係者に言わせても「力を出せるデキに仕上がった」。

有馬記念でも見せ場を作った内容から、久々の平地でも自己条件ならチャンスは十分。主戦の石神騎手も「目指しているところはもっと上。3勝クラスのここは楽にクリアして欲しい」と通過点の構え。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧