日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年10月10日]

レジェンドも絶賛


土曜東京10R
山中湖特別
レッドアステル
レジェンドも絶賛
馬体を立て直して臨んだ前走のルスツ特別が、好位から抜け出す正攻法の競馬といい勝ち方だったレッドアステル。騎乗したレジェンド・武豊騎手も「いい馬ですね」と褒めてくれたとあって関係者も上機嫌。この一件からも、キャリアはまだ4戦と浅くとも素質の高さは推して知るべし

放牧を挟んでこの東京開催を目標に調整され、国枝師も「前走時よりデキは良いくらい。まだ伸びシロがあるし、2勝クラスなら力は即通用すると思う」とキッパリ。厩舎は秋華賞にカレンブーケドールが予定しているが、期待の大きさなら負けず劣らずだ。



日曜東京11R
オクトーバーS
マイネルサーパス
初古馬相手でもイケる
古馬とは初めての対戦でもマイネルサーパスでイケる。ダービーは11着に終わったが、実は出走できると分かったことで、無理を承知で中1週で使ったもの。この強行軍が響いての敗戦で、立て直した前走のラジオNIKKEI賞で2着した走りが、この馬本来の姿。

今回もひと息入ったが、3頭併せで追われた今週の動きが上々で、休み明けでも仕上げは万全。高木師は「ひと夏越して精神面で大人になった」と強調しており、心身ともに更に逞しくなった感。ここもイキナリから注目。



月曜東京9R
昇仙峡特別
フィードバック
一発通過が濃厚
5ヶ月ぶりの前走で2勝目をマークしたフィードバック。実は関係者によると「休み明けで少し追い不足。万全のデキになかった」とのこと。それでアッサリ勝ち上がったのだから、ポテンシャルの高さは相当なもの。

元来は使い込んで良くなるタイプで「動きが良くなったうえに、気合いもグッと乗ってきたよ」と鈴木伸師も上昇ぶりを強調。続けて「スタミナがあるので距離延長はいいし、昇級戦でもヒケは取らないよ」と期待十分。ここまで3戦2勝・2着1回と全く底を見せておらず、デキも前回以上となれば一発通過が濃厚だ。



月曜東京11R
府中牝馬S
プリモシーン
このコンビなら勝ち負け
G1のヴィクトリアM(的中)・2着の実績が光るプリモシーンに期待する。前走の中京記念は3着も、牝馬で55.5キロと実質トップハンデを考慮すれば内容は悪くない。今回は距離が延びるが、太田助手は「折り合いに進境が見られるので、1800Mでも大丈夫」とキッパリ。

今期の重賞は全て福永騎手とのコンビで、3戦して2,2,3着と崩れておらず一段と安定味を増してきた感。引き続き目下のベストパートナー・福永騎手とのコンビなら、ここも勝ち負けは必至だ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧