日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年11月07日]

東京狙いの情報馬


土曜東京9R
オキザリス賞
プロヴィデンス
ダート千四ならもう一丁
ダート1400Mに替わった前走で初勝利を決めたプロヴィデンスでもう一丁。デビュー戦は函館ダート1000Mで大敗を喫したが、厩舎サイドは最初から「距離が短い」と見ていたのだ。それでも使ったのは、実はオーナーの要望。さらにその後、芝を使ったのは、北海道ではダートの適距離がなかったため。要は不本意な競馬ばかりだったということで、前走の5馬身差が本当の姿

今回は引き続き東京ダート1400M戦。加藤士師も「前走は見込み通りにダート1400Mで圧勝してくれた。中1週でも状態は維持できている。昇級でも得意の舞台ならヒケは取らない」と連勝を狙う口ぶり。



土曜東京10R
三鷹特別
アイスフィヨルド
東京で反撃態勢
前走を「参考外の一戦」と武藤師が強調するアイスフィヨルドを見直す手。その前走のSTV賞は直線で進路がなくなり、完全に脚を余しての7着敗退。力を出し切れなかったことは一目瞭然で、指揮官のコメントも納得だ。

東京の1400M戦は未勝利勝ちに加え、OP特別のクロッカスSでも小差4着に好走しているベストの舞台。もちろんここは狙い定めた復帰戦で、師も「1分20秒0の速い持ち時計もあるし、絶好調のルメール騎手起用で巻き返しを期待したい」と反撃に意欲満々。



日曜東京9R
tvk賞
レッドサイオン
東京狙いの情報馬
東京替わりでレッドサイオンが見直せる。前走の茨城新聞杯は5着だったが、前に行った馬が残る不向きな展開を考えれば、直線で差を詰めた内容は悪くなく関係者も「昇級でこれだけやれればクラスにメドは立ったでしょう」と手応え十分。

中山⇒函館と小回りで連勝しているが、2勝クラスまで上がると先行勢も強力。持ち味の決め手を生かすには広いコースがベスト。前走から中5週あけたのも、この東京を狙っていたからで、津曲助手も「脚質的に東京コースに替わるのは好材料。前進を期待したい」とキッパリ。



日曜東京10R
奥多摩S
ルガールカルム
自己条件なら格が違う
休み明け2戦目でルガールカルムが勝利を掴む。春の桜花賞は相手が強すぎたが、前走は古馬相手にイキナリ2着。それも発馬が悪かった上に、内枠が災いして次から次へと前に入られて、後方へ置かれてしまうロスを、最速上がりで挽回したもの。自己条件なら格が違う存在だ。

器用さに欠けるので、トリッキーな中山マイルから、力を発揮しやすいワンターンの芝1400Mに替わるのはプラスで、田村師は「現級上位の力があるのは間違いないんだし、状態も絶好なので、コース替わりで改めて期待する」とオープン返り咲きに自信ありだ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧