日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年11月21日]

“泣き”の師も自信あり


日曜東京7R
ベゴニア賞
レッドライデン
今期最後の東京で勝負
東京マイルで一変したレッドライデン。もちろんここは今期最後の東京を狙い定めた一戦。初戦は芝1800Mで5着も陣営は「テンションが高く折り合いを欠いたのが敗因」と分析し、すぐさま2戦目でマイルへ距離を短縮。レースは変わらずテンションが高めで出遅れたものの二の脚で挽回し、好位馬群に入れて我慢。勝負所から抜け出してきた脚は速く、最後は抑えて2馬身差の完勝。この走りがこの馬の本当の姿

今回はクラスが上がるが、鹿戸雄師は「レース内容・勝ち時計ともに良かったので、昇級してもヒケは取らない。前回と同じ東京のマイル戦なので、今回も折り合い次第でチャンス」と期待十分。



日曜東京8R
オリエンタル賞
ピースワンパラディ
“泣き”の師も自信あり
丸山騎手⇒スミヨン騎手。超鞍上強化で勝ちにきたピースワンパラディ。あの“泣き”の大竹師が「今度こそと期待している」と言うのだから負けられない一戦だ。

ここ2戦はいずれもスローで流れが向かなかったが、ともに上りは3F32秒台をマーク。陣営も「脚質的にどうしても展開に左右されがちな面はあるけど、青葉賞・3着の実績から2勝クラスなら力は上のはず」と愛馬を信頼。ここはいよいよ惜敗にピリオドを打つ番だ。



日曜東京9R
シャングリラ賞
フォッサマグナ
残すは1着のみ
初めてダートを試した前走の河口湖特別を、アタマ差2着に好走したフォッサマグナ。6ヶ月の休み明けで、いくらか体に余裕が見られたことを考慮すれば、勝ちに等しい競馬。ダート2度目のここは不動の中心だ。

津曲助手も「血統や稽古の動きからダート向きと判断していたが、見込み通りに適性は高かった。今回は状態面での上積みを見込めるので、前走以上を期待したい」とキッパリ。2着の“前走以上”となると、残すは1着のみ。これは負けれられない。



日曜東京10R
ウェルカムS
アントリューズ
東京最終週で全力投球
前走の紅葉Sは、スタート直後に挟まれて最後方に置かれる不利を受けたアントリューズ。それでも最後はアタマ+クビ差の3着まで追い上げており「不利がなければ勝っていたと思う」と関係者も無念の表情。

今回は仕切り直しの1戦。全3勝は東京のマイル戦で今回は初めての1800Mだが、栗田徹師は「操縦性が高い馬だから、距離が1ハロン延びても問題ない」と一蹴。続けて「前走後はしっかりとケアして引き続き良い状態をキープしているので、今回はキッチリ決めて欲しい」と強気の姿勢。得意の東京も日曜が今期の最終戦で次は年明け。それだけにここは全力投球の1戦。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧