日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2020年1月9日]

このチャンスは逃せない


土曜中山11R
迎春S
サトノエルドール
3度目の正直で決める
3勝クラスへ昇級後の2戦はいずれも3着に敗れたサトノエルドールが、3度目の正直でオープン入りを決める。と言うのもここ2戦は敗因が明白。2走前は馬群を捌くのに手間取り、前走は1800Mの距離が忙しかったもので、それでも大きく崩れていないのが能力の高さ。

国枝師も「今回は2200Mへ距離を延ばす。ゆったりした距離で流れに乗れれば巻き返しは可能」と今度こその構え。先週は6戦4勝・2着1回でいきなりリーディングトップと、2020年のスタートダッシュを決めた厩舎の勢いにも注目だ。



日曜中山9R
黒竹賞
ショウナンマリオ
厩舎初勝利の有力候補
ダートの中距離にローテを絞ってからは完全に軌道へ乗ったショウナンマリオの勝機。前走は勝負どころで前が詰まり、仕掛けが遅れるロス。それで3着なら上々だが、加藤士師は「着差はいくらもなかったので、スムーズに立ち回っていればチャンスはあった」と無念の表情。

とは言え、これで1勝クラスは2戦して2,3着と完全にメド。状態は変わりなく来ており、加藤士師も「力は上位だし1800Mも合う。改めて好レースを期待したい」とキッパリ。開業初年度の昨年は6勝だった加藤士厩舎。これで初勝利を決めて2年目の弾みをつけたいところだ。






日曜中山10R
初咲賞
シークレットラン
師いわく「寒い時期がいい」
3ヶ月ぶりの前走が見どころあるレースだったシークレットラン。マイペースで逃げた勝ち馬には半馬身届かなかったが、直線はシッカリと脚を伸ばし2着。休み明け、不向きな展開を考えれば上々の内容だ。

田村師によると「季節的に寒い時期がいい馬」とのこと。なるほど、12月~1月は3戦して1勝・2着1回。唯一、馬券圏内を外したのは重賞の京成杯・4着。冬場がこの馬の稼ぎどころで、今回は叩いた上積みも大きく「力が入る1戦だよ」と田村師も期待十分。



月曜中山9R
成田特別
テトラルキア
本当の好走要因とは!?
去勢手術明けの前走・伊勢佐木特別をアタマ差・2着に好走したテトラルキア。普通は去勢効果と見るところだが、大和田師いわく「去勢効果ではなく、体質が強くなったことで調教をシッカリ積んで、太目の馬体が絞れたのが大きかった」というのが本当の理由。

その後も順調に調整が進み、今週もコースでシッカリと負荷を掛けれれ、デキは更に上昇ムード。大和田師も「中山は1度しか経験がないのでコースへの対応がカギになる」と言いつつも「東京2100Mから中山2400Mへ距離が延びるのは大歓迎。スムーズな走りができれば今回も楽しみ」とキッパリ。これは不安よりも期待の方が大きい1戦だ。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧