日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2020年1月23日]

賞金加算の大チャンス


土曜中山9R
呉竹賞
ショウナンマリオ
ここはメイチ態勢
1勝クラスへ昇級後は、2,3,2着と惜しいレースが続くショウナンマリオを狙う。前走の黒竹賞は9人気の伏兵デルマオニキスの大駆けに遭って2着に敗れたが、加藤士師は「勝ちを意識しすぎて仕掛けが早すぎた。もう少し追い出しを我慢していれば勝機はあった」と悔やんでいた。

陣営のジャッジは中山ダート1800Mがベストで、今週が終わると次の中山は1か月後。秋からコンスタントに使われてきただけに、もう何とかしないといけないところ。中1週で臨むのもベストの舞台で決めたいからで、ここはメイチの勝負態勢だ。



土曜中山11R
アレキサンドライトS
フィードバック
連勝でオープンへ
中山ダート1800Mは3戦2勝・2着1回とパーフェクト連対を誇るフィードバックが注目馬。前走のチバテレ杯は直線で危なげなく抜け出し2着に3馬身差をつける楽勝で、良馬場で1分53秒1の勝ち時計も優秀だ。

ダートで崩れたのは距離が長かった2走前(東京ダート2100M)の4着だけ。鈴木伸師も「まだダートでは底を見せていない。3勝クラスに昇級してもヒケは取らないよ」とキッパリ。連勝でオープン入りを決める公算大。




日曜中山9R
若竹賞
サペラヴィ
雨予報は大歓迎
ここはサペラヴィを見直す手。前走の葉牡丹賞はレコード決着。時計が速過ぎたうえにメンバーも揃っていたため、着順こそ4着も「勝ち馬とコンマ2秒差なら、よく頑張ったと思う」と陣営は高評価。

この中間は更に状態が上がっており、相沢師は「時計は掛かった方がいいので、週末の雨予報は歓迎材料。気性も前向きで一生懸命に走る馬なので、前走以上にやれていい」と反撃に意欲満々。



日曜中山10R
初霞賞
エクリリストワール
地元なら前走以上にやれる
昇級戦の前走を3着に好走したエクリリストワールが狙い目だ。7戦して[2.2.3.0]の戦績が示す通り、相手なりに走る堅実派で、この手のタイプは昇級も苦にならない。

中山ダート1800Mは、1勝クラスとは言え、2走前に6馬身差の圧勝歴がありコース適性も申し分なし。田中博師は「いつも通り放牧を挟んだ調整で仕上がりは順調です。京都に遠征した前回とは違い、今回は輸送の短い地元・中山での1戦なので、前走以上を期待したい」とキッパリ。ここは3勝目へ待ったなしだ。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧