日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2020年1月30日]

東京狙いの情報馬


土曜東京10R
クロッカスS
アブソルティスモ
連勝狙って距離短縮
前走のこうやまき賞は、スローペースでも我慢が利いて上手に折り合い、終いもシッカリ脚を使い「完勝と言える強い競馬だった」と関係者も絶賛するアブソルティスモ。そもそも、ここまで敗れたのは朝日杯FS馬サリオスと、阪神JF・3着のクラヴァシュドールだけ。条件クラスではモノが違った感。

今回はマイルから距離を短縮するが、津曲助手は「脚質にも幅が出た感じだし、1400Mなら、より競馬がし易いと思う」とのこと。続けて「放牧を挟んで今回もいい感じに仕上がっている。連勝を期待したい」とキッパリ。



土曜東京11R
白富士S
ダイワキャグニー
東京狙いの情報馬
東京開催を待っていたダイワキャグニーが中心馬。全7勝を東京で記録しているコース巧者で、2000M戦も守備範囲。前走のジャパンCは強敵揃いだった上に、距離もやや長い2400M。それでコンマ7秒差の6着なら大健闘。

菊沢師も「放牧でリフレッシュしてこの開催に備えてきた。仕上がりは問題ないので好レースを期待したい」と巻き返しに自信タップリ。厩舎としても先週のアメリカJCCでミッキースワローが故障馬のアオりを受けて敗れているだけに、ここはスッキリと勝利を手にしたいところ。




日曜東京9R
セントポーリア賞
ウインカーネリアン
自己条件なら勝っておきたい
当初は中山の京成杯を予定していたウインカーネリアンだが、ここまで待機。そのワケというのが、放牧から帰厩後に体が戻り切らなかったため。しかし、結果的に復帰を延ばしたことが奏功。鹿戸雄師も「少し時間は掛ったけど、いい感じに仕上がったよ」と一転して仕上がりに自信あり。

前走の芙蓉Sは格上調整で2着に好走しており、自己条件に戻れば力は上位。イレ込み易い気性だけにフレッシュな状態で使えるのもプラスで、鹿戸雄師も「今後のためにもここは勝っておきたい」と期待十分。



日曜東京10R
早春S
ボスジラ
3連勝を狙ってココ
休養を挟みながら1勝クラス⇒2勝クラスを連勝中のボスジラが狙い目。2000Mを使っていた頃は勝ちみに遅かったが、距離を延ばして真価を発揮。目下の2連勝は、札幌芝2600M、中山芝2500Mで挙げたもの。

ディープインパクト産駒にしては;切れ味よりもスタミナに富むタイプで、国枝師の分析も「長い距離が合っている」。もちろん、ここは東京の長丁場に照準を定めての復帰戦。昇級戦でも東京2400Mならば舞台設定に不足はなく、3連勝は目前だ。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧